1. HOME > 構造計算の基礎 > 圧縮ひずみ度とは?1分でわかる意味、公式、ひずみ、ひずみ度、単位
スポンサーリンク

圧縮ひずみ度とは?1分でわかる意味、公式、ひずみ、ひずみ度、単位

圧縮ひずみ度とは、圧縮力による部材のひずみです。単に「ひずみ(ひずみ度)」ともいいます。今回は圧縮ひずみ度の意味、公式、ひずみ、ひずみ度、単位との関係について説明します。ひずみの公式、計算方法は、下記の記事が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

圧縮ひずみ度とは?

圧縮ひずみ度とは、圧縮力による部材のひずみです。下図をみてください。部材に圧縮力が作用しています。このとき、部材は元の長さから少し「縮み」ます。縮み量を元の長さで割った値が、圧縮ひずみ度です。

圧縮ひずみ度

圧縮ひずみ度は、単に「ひずみ」ともいいます。ひずみの意味、計算方法は下記が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力


引張、圧縮の詳細は、下記の記事が参考になります。

引張、圧縮とは?1分でわかる意味、違い、符号、強度の関係

圧縮ひずみ度の公式

圧縮ひずみ度の公式は、下記です。


ε=−ΔL÷L


εが圧縮ひずみ度、ΔLが縮み量、Lが部材の元の長さです。引張力によるひずみ度の符号をプラスとするので、圧縮ひずみ度の符号は「マイナス」です。ひずみ度の公式、計算方法は、下記の記事も参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

圧縮ひずみ度のひずみ、ひずみ度

圧縮ひずみ度は、引張力によるひずみ(ひずみ度)と違い、マイナスの符号が付く点に注意しましょう。これは、ひずみだけでなく、圧縮力や引張力で同じです。圧縮力の意味は、下記が参考になります。

圧縮応力とは?1分でわかる意味、求め方、記号と符号、引張応力との違い

圧縮ひずみ度の単位

圧縮ひずみ度は、「無次元数」です。よって単位は無いです。下記をみてください。圧縮ひずみ度は、縮み量を部材の長さで除した値です。縮み、部材の元の長さ共に、「単位が同じ」です。よって単位が打ち消しあい、無くなります。


ε=−ΔL(mm)÷L(mm)


建築では、他にも無次元数が色々あります。詳細は、下記が参考になります。

無次元数とは?1分でわかる意味、単位、種類、無次元量との違い

まとめ

今回は圧縮ひずみ度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。圧縮ひずみ度は、圧縮力によるひずみ(ひずみ度)です。引張力によるひずみと符号が違う点に注意してください。ひずみの計算、引張、圧縮の関係も勉強しましょう。下記が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

引張、圧縮とは?1分でわかる意味、違い、符号、強度の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 圧縮ひずみ度とは?1分でわかる意味、公式、ひずみ、ひずみ度、単位