1. HOME > 構造計算の基礎 > 半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φとの違い

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φとの違い

半径を表す記号は「r」です。これは英語で半径を意味するradiusの頭文字をとっています。直径を表す記号は、φまたはdです。間違えないよう注意しましょう。今回は半径とrの関係、単位の意味、半径の求め方、rと直径、d、φとの違いについて説明します。


直径の単位と記号、φの意味は下記の記事が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

半径とrの関係は?

半径を表す記号が「r(あーる)」です。Rを使うこともありますが、意味は同じです。下図をみてください。半径rの長さを描きました。半径は、直径の半分の長さですね。

半径とrの関係

直径の意味は、下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


また下図のように、円筒形の半径も直径(外径)の半分の値です。

円筒形の半径

外径の意味は、下記の記事が参考になります。

外径とは?1分でわかる意味、図、直径との違い、円周の求め方


下図をみてください。これはH形鋼という鋼材です。建築物の梁に使います。H形鋼には、曲面でつくられた部分があります。この曲面は、半径を意味するrで表します。※なお、これをフィレットといいます。

H形鋼とフィレット

H形鋼、フィレットの意味は下記が参考になります。


H鋼とは何か?

建築のフィレットとは?1分でわかる意味、鉄骨、フィレット部、ウェブフィレット

半径の記号

半径の記号は、


R


を使います。一般的に、小文字の「r」を使う方が多いです。ただし、Rを使っても間違いでは無いです。

半径rの求め方

半径rは、下式で求めます。


r=d/2


rは半径、dは直径です。例えば直径dが500mmのとき、半径rは500/2=250mmです。直径の半分の値が、半径です。直径の意味は下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

半径とr、直径、d、φとの違い

半径、直径、r、d、φとの違いを下記に整理しました。


半径 ⇒ 直径の半分の値

直径 ⇒ 円や円筒の外形のこと

r ⇒ 円や円筒の半径を表す記号

d ⇒ 円や円筒の直径を意味する記号

φ ⇒ 円や円筒の直径を意味する記号。場合によって、外径でなく内法寸法を意味する


直径、φの意味は下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

まとめ

今回は半径とrの関係について説明しました。意味が理解頂けたと思います。半径の記号はrです。Rで書くこともあります。直径の記号であるdも、併せて覚えてくださいね。また、r、d、φ、半径、直径、外径など似た用語が多いです。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

外径とは?1分でわかる意味、図、直径との違い、円周の求め方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φとの違い