1. HOME > 構造計算の基礎 > 円の断面積は?1分でわかる意味、公式、計算方法と求め方、直径との関係
スポンサーリンク

円の断面積は?1分でわかる意味、公式、計算方法と求め方、直径との関係

円の断面積は、「半径×半径×円周率」で計算できます。建築物には、円の断面を使った部材を使うことがあります。例えば、鉄筋や円の柱です。これらの断面積は、必ず計算ができるようにし、公式を覚えてください。今回は、円の断面積の意味、公式、計算方法と求め方、直径との関係について説明します。直径、半径、断面積の意味は、下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φ

断面積とは?1分でわかる求め方、長方形と円の公式、単位、計算方法

円の断面積は?

円の断面積は、


半径×半径×円周率


で計算します。円周率は、概ね3.14程度です。下図を見てください。円と半径の距離を示しました。下図の半径が5cmなので、断面積は


5cm×5cm×3.14=78.5cu


です。

円の断面積

断面積の意味、断面積の単位は、下記が参考になります。

断面積とは?1分でわかる求め方、長方形と円の公式、単位、計算方法

断面積の単位は?1分でわかる意味、単位の変換、読み方

円の断面積と公式

円の断面積の公式は、下記です。


A=πr^2


Aは円の断面積、πは円周率(概ね3.14)、rは円の半径です。上記の公式は、「ぱいあーるじじょう」と読んで、覚えましょう(覚えやすいと思います)。


また、直径を用いた公式もあります。直径は半径の2倍の長さです。直径Dと半径rの関係は下記です。


r=D/2


円の断面積は、


A=πr^2=πD^2/4


です。上式も重要なので、是非覚えてくださいね。直径と半径の違いは、下記も参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φ

円の断面積の計算方法(求め方)

円の断面積を実際に計算して求めましょう。下図をみてください。円の直径が7cmです。円の断面積を求めてください。

円の断面積の計算

公式を使えば簡単ですね。


A=3.14×7^2/4=38.4cu


次の問題です。円の円周が30cmでした。断面積を計算してください。


円周と半径の関係を思い出してください。円周は、2πrで求めます。よって半径は


30÷(2×3.14)=4.8cm


です。断面積は、


A=4.8×4.8×3.14=72.3cu


です。断面積の意味は、下記が参考になります。

断面積とは?1分でわかる求め方、長方形と円の公式、単位、計算方法

まとめ

今回は円の断面積について説明しました。意味や計算方法が理解頂けたと思います。まずは、円の断面積の公式を覚えてください。また、断面積と半径、直径の関係も理解しましょう。下記の記事も参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φ

断面積の単位は?1分でわかる意味、単位の変換、読み方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 円の断面積は?1分でわかる意味、公式、計算方法と求め方、直径との関係