1. HOME > 構造計算の基礎 > 平面詳細図とは?1分でわかる意味、見方、寸法、縮尺、平面図との違い

平面詳細図とは?1分でわかる意味、見方、寸法、縮尺、平面図との違い

平面詳細図とは、平面図を大きな縮尺で描いた図面です。大きな縮尺で描くため、建具寸法、家具寸法など、細かな寸法や姿がみえます。今回は、平面詳細図の意味、見方、寸法、縮尺、平面図との違いについて説明します。※建築図面の種類は下記が参考になります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

平面詳細図とは?

平面詳細図とは、平面図を大きな縮尺で描いた図面です。平面図が1/100や1/200で描くのに対して、平面詳細図は1/30や1/50で描きます。


平面詳細図は、平面図と違い細かな寸法まで明記します。建具寸法はもちろん、壁厚や躯体寸法も明記します。特に、出入口や窓は、建築基準法上、有効寸法を確保する必要があります。これらの寸法も、平面詳細図で適切に明記します。

平面詳細図の見方

平面詳細図は、縮尺が大きいので「平面のある部分」を描きます。全体を描けない分、詳細な寸法や各部の納まりがわかります。


まず、平面詳細図をみるとき、「どの部分を描いているか」調べてください。X、Y方向の通り芯から判断します。あとは、各部の位置関係、寸法、納まりなどを確認します。


私は、平面図をみて、構造部材と化粧材の納まりが厳しいと感じた時、平面詳細図をみます。平面詳細図には寸法が明記あるので、正確な情報で納まりの検討ができます。※建築の納まりは下記が参考になります。

建築の納まりとは?1分でわかる意味、図面、勉強法、おすすめの本

平面詳細図の寸法

平面詳細図は縮尺が大きいので、色々な寸法を明記します。下記に整理しました。

平面詳細図の縮尺

平面詳細図の縮尺は下記が一般的です。

平面詳細図と平面図の違い

平面詳細図と平面図の違いを下記に整理しました。


平面詳細図 ⇒ 平面図を大きな縮尺(1/30〜1/50)で描いた図面

平面図   ⇒ 建物を真上から見たときの図面。FL(フロアライン)から1.0m程度上から見た図面です。縮尺は1/100〜1/200程度。

まとめ

今回は平面詳細図について説明しました。意味が理解頂けたと思います。平面詳細図は大きな縮尺で描いた平面図です。縮尺が大きいので、平面図よりも詳しく描かれています。各部の納まりや、平面図で分からない寸法が明記されています。是非、平面詳細図の見方を覚えてくださいね。※断面詳細図の矩計図の見方も、併せて覚えてくださいね。

矩計図とは?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 平面詳細図とは?1分でわかる意味、見方、寸法、縮尺、平面図との違い