1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造計算ルート2とは?1分でわかる意味、ルート3との違い、適判とルート2主事、鉄骨との関係
スポンサーリンク

構造計算ルート2とは?1分でわかる意味、ルート3との違い、適判とルート2主事、鉄骨との関係

構造計算ルート2とは、構造計算ルート(以降、計算ルート)の1つです。計算ルートには1、2、3の種類があります。また、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など材料毎に、具体的な計算手法が異なります。今回は、構造計算ルート2の意味、ルート3との違い、適判とルート2主事、鉄骨造との関係について説明します。構造計算ルート、計算ルート1の意味は、下記が参考になります。

構造計算ルートとは何か?

構造計算ルート1とは?1分でわかる意味、適判、鉄骨造

構造計算ルート2とは?

構造計算ルート2は、計算ルートの1つです。計算ルート1が比較的小規模な建物に対して適用します。計算ルート3が、大規模な建物に適用します。計算ルート2は、1と3の中間的な建物に対して適用します。


構造計算ルート2が適用できるか否かは、細かな規定があります。鉄骨造、鉄筋コンクリート造で具体的な計算に違いがありますが、共通する規定を下記に示します。


・地震力に対する短期時の層間変形角1/200以下とする

・各階の剛性率を0.60以上とする

・各階の偏心率を0.15以下とする

・塔状比を4以下とする


層間変形角は1/200以下にします。ルート2を適用したいなら、層間変形角を小さくします。層間変形角の意味は、下記が参考になります。

層間変位、層間変形角とは何か?


また、剛性率と偏心率の規定があります。バランスの悪い建物は、ルート2を適用できません。構造部材のバランスが良くなるよう(剛性のバランス)、部材配置や部材断面の大きさに注意します。


剛性率、偏心率の意味は、下記が参考になります。

剛性率ってなに?剛性率の意味と、建物の耐震性

偏心率とは何か?


計算ルート2の規定の詳細は、下記の書籍が参考になります。

建築物の構造関係技術基準解説書(2015年版)

構造計算ルート2とルート3の違い

構造計算ルート2とルート3の違いを、下記に示します。なお、具体的な規定の違いは、下記の書籍を参考にしてください。

建築物の構造関係技術基準解説書(2015年版)


計算ルート2 ⇒ 計算ルート1、ルート3の中間的な建物に適用される計算方法。計算ルート1より規模は大きいが、比較的整形でバランスの良い建物に適用可能。

計算ルート3 ⇒ 規模の大きな建物に適用できる計算方法。大地震時には、部材の塑性化によるエネルギー吸収を考慮した計算(Dsの評価など)を行う。不整形な建物や、バランスの悪い建物にも適用可能。


計算ルート1の意味は、下記が参考になります。

構造計算ルート1とは?1分でわかる意味、適判、鉄骨造

構造計算ルート2と適判、ルート2主事の関係

構造計算ルート2は、


基本的に適判が必要


と考えてください。ただし、現在はルート2の審査に対応した機関が、確認申請対応を行えば適判は不要となります。ルート2主事とは、ルート2の審査を行える主事のことです。民間の確認審査機関では、ルート2の審査を行える専門家が多いですが、特定行政庁ではいないこともあります。


例えば、計画通知でルート2主事がいない場合、適判が必要です。

鉄骨造の構造計算ルート2

鉄骨造の構造計算ルート2では、前述した規定に加えて


筋交いの応力割増

筋交い部の接合部の破断防止

局部座屈の防止

柱脚部の破壊防止


などが規定にあります。詳細は、書籍をご確認ください。

建築物の構造関係技術基準解説書(2015年版)


鉄骨造の計算ルートは、下記も参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

まとめ

今回は構造計算ルート2について説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造計算ルート2は、計算ルートの1つです。ルート1と3の中間的な規模の建物に適用します。ルート1より規模の大きな建物に適用できますが、比較的整形でバランスよく部材配置する必要があります。下記の記事も勉強しましょうね。

構造計算ルートとは何か?

構造計算ルート1とは?1分でわかる意味、適判、鉄骨造


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造計算ルート2とは?1分でわかる意味、ルート3との違い、適判とルート2主事、鉄骨との関係