建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME >構造計算の基礎>荷重の計算方法は?3分でわかる計算、式、ニュートンの関係

荷重の計算方法は?3分でわかる計算、式、ニュートンの関係

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


構造力学の問題では「荷重を計算する」ことは少なかったと思います。集中荷重や等分布荷重の値など、荷重の条件は与えられていました。ところが構造計算の実務では、まず初めに「荷重の設定、荷重の計算」が必要です。意匠図、設備図などから荷重条件を整理します。今回は荷重の計算方法、式、ニュートンとの関係について説明します。荷重の種類、意味は下記が参考になります。

荷重とは?1分でわかる意味、読み方、種類、応力との違い

公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

荷重の計算方法は?式

構造計算の実務では、まず「荷重の設定、計算」を行います。構造力学では、問題に集中荷重や等分布荷重が与えられていたと思います。


実務では、建物に「どのような荷重が作用するのか」「荷重の形態(分布荷重または集中荷重)」「荷重の方向」等を考えます。


荷重は建物の質量が大きく関係します。建物に使用する材料が決まっていないと荷重を決定することはできません。よって、建物の設計が終了していない段階で「完璧な荷重」を設定することは難しいため「荷重を仮定」します。


これを仮定荷重といいます。仮定荷重は下記が参考になります。

仮定荷重とは? 【近日公開予定】


とはいえ仮定荷重も適当に決めるのではなく、過去の類似物件や諸条件を考慮して設定します。


下図をみてください。鉄筋コンクリート造の小梁に作用する荷重を考えてみましょう。なおスラブ厚=150mm、スラブ上には仕上げとして600N/m㎡を考慮します。


図 荷重の計算方法


スラブ荷重は、亀の甲(かめのこう)に分割した荷重が小梁に作用すると考えます。亀の甲に切ったスラブ荷重は小梁の両側に作用し、かつ小梁には自重が生じています。よって、小梁に作用する荷重は下図の通りです。


図 小梁に作用する荷重


また床荷重、梁自重は下式で計算します。


床荷重=150×24+600=4200⇒ 4.2kN/㎡

自重=0.3×0.6×24=4.32kN/㎡


上記は荷重の計算のごく一例です。荷重は主に長期荷重と短期荷重があります。荷重の種類、求め方は下記が参考になります。

荷重とは?1分でわかる意味、読み方、種類、応力との違い


特に日本では台風、地震により、建物に水平方向の荷重が作用します。今後、構造設計をする方なら必ず理解したいですね。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

風圧力とは?1分でわかる意味と計算、速度圧と風力係数、受圧面積との関係、風荷重との違い

荷重とニュートンの関係

荷重の単位はニュートンです。建築物に作用する荷重は大きな値になるので


kN


を使うことが多いです。荷重の単位、ニュートンの詳細は下記をご覧ください。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

ニュートン単位とは?1分でわかる意味、どれくらいの大きさ、昔の単位、1kg、100gとの関係

まとめ

今回は荷重の計算について説明しました。構造力学の問題では、あらかじめ設定されることが多いですが、実務では荷重の計算から始めます。まずは建物に作用する荷重の種類を理解しましょう。下記が参考になります。

荷重とは?1分でわかる意味、読み方、種類、応力との違い

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 荷重の計算方法は?3分でわかる計算、式、ニュートンの関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事