1. HOME > 構造計算の基礎 > 荷重継続期間とは?1分でわかる意味、木材、許容応力度、荷重継続期間影響係数との関係
スポンサーリンク

荷重継続期間とは?1分でわかる意味、木材、許容応力度、荷重継続期間影響係数との関係

荷重継続期間とは、荷重が継続的に作用する期間です。木材は、荷重が作用し続けると許容応力度が低下します。よって、木造に対して荷重継続期間を定め、許容応力度を低減します。鉄骨造や鉄筋コンクリート造では考慮しません。今回は荷重継続期間の意味、木材、許容応力度、荷重継続影響係数との関係について説明します。


許容応力度の意味は、下記が参考になります。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

荷重継続期間とは?

荷重継続期間(かじゅうけいぞくきかん)は、荷重が継続的に作用する期間です。継続的に作用する荷重として、長期荷重があります。長期荷重の意味は、下記が参考になります。

長期荷重・短期荷重


木材は、荷重が作用し続けると許容応力度が低下します。よって、木造の構造部材では、荷重継続期間が長いほど、許容応力度を低減します。鉄骨造や鉄筋コンクリート造には無い考え方です。

荷重継続期間の読み方

荷重継続期間は、「かじゅうけいぞくきかん」と読みます。関係用語の読み方は、下記です。


荷重継続期間影響係数 ⇒ かじゅうけいぞくきかんえいきょうけいすう

荷重継続期間と許容応力度、荷重継続期間影響係数の関係

荷重継続期間と許容応力度の関係を下図に示します。


荷重継続期間と許容応力度


短期的に作用する荷重(数分〜数十分)に対して、3日、3ヶ月、50年間と、荷重が作用する期間が変わるたびに、許容応力度が低下していますね。


上図に示す許容応力度を低減する係数を、荷重継続期間影響係数といいます。下記に示します。


短期 2.0

中短期 1.6

中長期 1.43

長期 1.1


また、木材の許容応力度は、概ね、基準許容応力度(F/3。Fは材料強度)に上記の係数をかけた値です。例えば、長期の許容応力度は、1.1F/3です。詳細は、下記の書籍も参考になります。

木質構造設計規準・同解説―許容応力度・許容耐力設計法

まとめ

今回は荷重継続期間について説明しました。意味が理解頂けたと思います。荷重継続期間は、荷重が継続する期間です。木材は、荷重が作用し続ける期間に応じて、許容応力度が低下します。これを考慮するため、荷重継続期間に対して低減係数が設定されます。許容応力度、材料強度の意味も併せて勉強しましょうね。下記が参考になります。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

材料強度がわかるたった2つのポイントと、許容応力度の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 >荷重継続期間とは?1分でわかる意味、木材、許容応力度、荷重継続期間影響係数との関係