1. HOME > 構造計算の基礎 > 横架材とは?1分でわかる意味、種類、欠き込みの基準、梁との違い

横架材とは?1分でわかる意味、種類、欠き込みの基準、梁との違い

横架材とは、「はり、けたその他これらに類するもの」です。建築基準法施行令で、明確に用語の定義がされています。実務では、横架材でなく普通は「はり」といいます。


ただし法文では横架材と明記されることも多いので、今回は横架材の意味、横架材の種類、横架材と欠き込みの基準、梁との違いについて説明します。

横架材とは?

横架材とは、建築基準法施行令第一条一項三号(用語の構造耐力上主要な部分の定義)に、


と定義されています。横架材=梁と覚えておけば大きな間違いはありません。


梁とは水平方向に設置される構造部材です。下図をみれば、どれが横架材かすぐにわかるでしょう。

横架材と柱

※梁については、下記の記事が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算


また法文の検索は、電子政府の総合窓口(e-Gov)が便利です(建築基準法の全文が検索可能、政府のHPなので信頼性高)。

http://www.e-gov.go.jp/

横架材の種類

横架材の種類は、「はり、けた、その他これに類するもの」なので、水平方向に設置する構造部材が該当すると考えます。例えば、下記の種類などがあります。

・大梁

・小梁

・母屋

・根太

・垂木


木造の架構は、各部材の名称が多いですが、「水平方向のはり部材=横架材」と覚えておけば間違えにくいです。

横架材の欠き込み

横架材は、原則欠き込みが禁止です。施行令では、下記が明記されています。


構造耐力上支障のある欠き込みとは、断面欠損のことです。


下図をみてください。左側の梁を、欠き込みしたものが右図です。

横架材と欠き込み

梁は、普通下向きに力が作用します(重力の影響)。力を加えると、下側が開こうとするのが何となくイメージできますよね。


つまり、下側に欠き込みのある状態で力を加えると、梁はすぐに折れます。よって横架材の欠き込みは原則禁止です。ただ、仕方なく欠き込みが必要になる場合、耐力低下を見込んで設計することも認められています。


欠き込みによる断面性能の低下率は下記です。

・断面の1/4以下を欠き込み 元断面の0.6倍

・断面の1/3以下の欠き込み 元断面の0.45倍


欠き込みをすると耐力が半分以下まで低下します。注意しましょう。

横架材の垂直距離と柱の小径

木造では、横架材間の垂直距離と、柱の寸法に規定があります。「柱の小径」といって、

のように、横架材間の垂直距離(ザックリ言うと階高)に対する、柱寸法の比率が明記しています。例えば

・横架材間の垂直距離=3000mm

・柱の小径の比率=1/20

・柱の最少寸法=3000/20=150


です。柱の小径については、下記の記事で詳細に書いています。

柱の小径とは?3分でわかる意味と、柱の最小寸法

横架材と梁との違い

横架材とは、「はり、けた、その他これに類するもの」でした。


つまり、大きな枠組みとして横架材があって、そのカテゴリーの1つが梁と考えてください。

横架材と梁の関係

まとめ

今回は横架材について説明しました。横架材は、梁と考えればよいでしょう。建築基準法に具体的な定義があるので、一度目を通してくださいね。法令集をお持ちでない方は、e-govで検索すると同様の法文が読めます。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 横架材とは?1分でわかる意味、種類、欠き込みの基準、梁との違い