1. HOME > 構造計算の基礎 > 垂木とは?1分でわかる意味、読み方、役割、胴縁、根太との違い
スポンサーリンク

垂木とは?1分でわかる意味、読み方、役割、胴縁、根太との違い

垂木(たるき)は屋根材を支える部材です。棟から軒桁にかけて配置します。また、野地板をはるために必要な部材です。今回は垂木の意味、読み方、役割、胴縁、根太との違いについて説明します。垂木と似た用語に、母屋がります。母屋、胴縁、根太の意味は、下記が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

垂木とは?

垂木は、屋根を支える部材です。下図をみてください。これが垂木です。

垂木

垂木は、屋根の棟から軒桁にかけて配置する部材です。木造住宅の屋根は、


瓦⇒アスファルトルーフィング⇒野地板⇒垂木


の順で構成されます。上記の通り、野地板を貼るために垂木は必要です。野地板の厚みは15mm程度で、けっして強く無いです。野地板が問題ない間隔で垂木を配置します(@303、455など)。

垂木の読み方

垂木は「たるき」と読みます。垂木と関係する用語の読み方は下記です。


野地板 ⇒ のじいた

母屋 ⇒ もや


母屋の意味は、下記が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

垂木の役割

垂木の役割は、下記です。


・屋根材(瓦、アスファルトルーフィング、野地板)の重さを支えるため

・野地板を張るため


その他、水平力を伝達する役割も担っています。

垂木と胴縁、根太、母屋との違い

垂木と胴縁、根太、母屋との違いを下記に示します。


垂木 ⇒ 屋根材を支える部材。棟から軒桁にかけて配置される。

胴縁 ⇒ 風圧力に抵抗する部材。壁を張るために必要。

根太 ⇒ 床を支える部材。床材を張るために必要。

母屋 ⇒ 垂木を支える部材。


胴縁、根太、母屋の意味は、下記も参考になります。

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

母屋とは何か?役割と意味について


垂木は棟から軒桁にかけて配置します。この間、支持する部材が無いと、垂木の変形が大きくなり、耐力的にも問題があります。よって、棟木(棟に配置する部材)から軒桁の間に「母屋」をいれます。母屋が垂木を支えます。


胴縁は、壁を張るために必要な部材です。また、壁だけでは風圧力に抵抗できないため、胴縁が必要です。


上記の通り、垂木、胴縁、根太は支える部分が違いますが、役割は似ています。これらを「下地材」といいます。下地材の意味は、下記が参考になります。

下地材とは?1分でわかる意味、種類、寸法、間隔

まとめ

今回は垂木について説明しました。意味が理解頂けたと思います。垂木は、屋根を支える部材です。また、野地板を張るために必要です。野地板、垂木、母屋の関係を理解しましょう。下記の記事も参考にしてくださいね。

母屋とは何か?役割と意味について

下地材とは?1分でわかる意味、種類、寸法、間隔


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 垂木とは?1分でわかる意味、読み方、役割、胴縁、根太との違い