1. HOME > 構造計算の基礎 > 床束とは?1分でわかる意味、読み方、使い方と注意点
スポンサーリンク

床束とは?1分でわかる意味、読み方、使い方と注意点

床束(ゆかづか)とは、床を支える束(短い柱)です。大引きを支える役割があります。今回は床束の意味、読み方、使い方と注意点について説明します。大引きの意味は、下記が参考になります。

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

床束とは?

床束は、1階床を支える短い柱です。下図をみてください。これが床束です。

床束

床束は大引きと接合されます。大引きから伝わる力は、床束を通して(床束から束石へ)、そのまま地盤へ伝達されます。


床束には束石を設け、大引きからの力を地盤へ伝えます。下図をみてください。これが束石です。束石は、「石」と書きますが、現在はコンクリート製が一般的です。


床束が無ければ、大引きは土台間でしか支えられず、耐力や変形に問題あるでしょう。大引きの意味は、下記が参考になります。

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

床束の読み方

床束は「ゆかづか」と読みます。床束に関係する用語の読み方は、下記です。


大引 ⇒ おおびき

束石 ⇒ つかいし

床束の使い方と注意点

床束は、床を支える短い柱です。大引きと接合されるので、大引きの力を伝える部材ともいえます。床束と束石は、1階床の力を地盤にそのまま伝える役割があります。1階の表層地盤(表面から1m以内の地盤など)は、掘削や盛り土を行うため耐力的に不十分です。


下図をみてください。乱した土の上に床束と束石を設置しても、沈下しそうですよね。

床束の沈下

床の傾きを起こすような沈下を不同沈下といいます。不同沈下の意味は、下記が参考になります。

不同沈下とは?1分でわかる意味、原因、読み方、ひび割れの関係


よって、床束が床の重さをしっかり支えるためには、床束が接する地盤をよく締め固めるか、土間コンクリート、ベタ基礎を設置すると良いでしょう。特に、土間コンクリートやベタ基礎であれば、不同沈下の恐れは減りますね。


ベタ基礎、土間コンクリートの意味は、下記が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い


また、床束は地震力に抵抗できないことも覚えておきましょう。

まとめ

今回は床束について説明しました。意味が理解頂けたと思います。床束は、1階床の重さを支える短い柱です。大引きと接続するので、大引きを支える部材と考えてください。今回の記事と併せて、大引きの意味も勉強しましょう。下記が参考になります。

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 床束とは?1分でわかる意味、読み方、使い方と注意点