1. HOME > 構造計算の基礎 > 上端とは?1分でわかる意味、読み方、天端との違い、下端の読み方、建築での使い方

上端とは?1分でわかる意味、読み方、天端との違い、下端の読み方、建築での使い方

上端とは、物の上側の端部を意味します。下端は、下側の端部です。上端と似た用語に、天端があります。同じ意味と考えてください。建築の実務では、天端も良く使います。今回は、上端の意味、読み方、天端との違い、下端の読み方、建築での使い方について説明します。※天端の意味は、下記の記事が参考になります。

天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方

上端とは?

上端とは、物の上側の端部を意味します。下図をみてください。これが上端です。また下側の端部を下端といいます。

上端と下端

上端と似た用語に、天端があります。上端と天端は同じ意味です。天端の詳細は、下記の記事が参考になります。

天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方

上端と下端の読み方

上端と下端の読み方は下記です。建築や土木では、下記の読み方が一般的です。


上端 ⇒ うわば

下端 ⇒ したば


ただし、数学、物理では、


上端 ⇒ じょうたん

下端 ⇒ かたん


と読みます。

上端と天端の違い

上端と天端は同じ意味です。建築では、梁の上端を示すとき、「梁天端」といいます。天端は、建築図面でも表記することが多いです。天端の意味は、下記の記事が参考になります。

天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方

建築での上端と下端の使い方

建築では、部材の端部を示すことが多いです。梁の上側の端部を示すとき、「梁の上端」といいます。


鉄筋コンクリートの梁は、下図のように上下に鉄筋(主筋)をいれます。上側の鉄筋を、上端筋、下側の鉄筋を下端筋といいます。上端筋、下端筋の意味は、下記の記事が参考になります。

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋


建築図面では、部材の上端をおさえることが多いですが、図面に描く用語としては「天端」とします。


また、スラブの上側端部を、スラブ上端、スラブ天端といいます。図面では、スラブ天端と書くことが多いです。※スラブの意味は、下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

まとめ

今回は上端について説明しました。意味が理解頂けたと思います。上端は、物や部材の上側の端部を意味します。下端は、下側の端部のことです。上端と下端の違いを理解しましょう。また、似た用語で天端があります。天端は、上端と同じ意味です。建築図面に表記することも多いです。天端の意味は、下記の記事が参考になります。

天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 上端とは?1分でわかる意味、読み方、天端との違い、下端の読み方、建築での使い方