1. HOME > 構造計算の基礎 > 有効細長比ってなに?1分でわかる意味と、細長比との違い

有効細長比ってなに?1分でわかる意味と、細長比との違い

有効細長比をご存じでしょうか。有効細長比は建築基準法に定義のある用語です。そのため、一級建築士試験の法規でも問われる可能性があります。今回は、そんな有効細長比の意味と、単なる細長比の違いについて説明します。

有効細長比ってなに?

有効細長比とは、「圧縮材の有効座屈長さの断面二次半径に対する比で、各主軸周りのうち最大のもの」と定義されています。


例えば、X軸回りの細長比が100でY軸回りが150のとき、有効細長比は150となります。


部材には方向性があります。また、部材に方向性が無くても、各方向で部材の取り付き方(境界条件)が違えば、有効座屈長さが変わります。つまりX,Y方向で部材の細長比は違います。有効細長比とは、各方向で大きい(厳しい)値をとります。

有効細長比と建築基準法

有効細長比は建築基準法と大きく関係します。それは有効細長比の制限です。建築基準法第65条によれば、大梁と柱の有効細長比は下記の値とします。

大梁よりも柱の方が、有効細長比が小さい値で制限されています。これが何を意味するのか。


「圧縮力を負担する柱は極端に細くできない」


ということです。剛接合となるラーメン構造であれば、基本的に有効細長比が200や250を超えることは無いでしょう。ただ、一般的でない柱(例えばアングルやチャンネルなど)を使う時、細長比が小さくなるので注意したいですね。

有効細長比と細長比の違い

最後に有効細長比と細長比の違いを説明します。有効細長比は、前述したような「建築基準法」で定義される値です。


一方、細長比とは単に下式で求められる値です。

λは細長比、Lbは有効座屈長さ、iは断面二次半径です。


有効細長比と細長比の違いは、些細なことですが理解しておきたいですね。特に、有効細長比の求め方は暗記しておきましょう。

まとめ

今回は有効細長比について説明しました。有効細長比の定義は暗記しても良いでしょう。建築基準法で定義される値なので、第65条の法規も併せて読んでおくと一級建築士の試験に役立ちます。以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 有効細長比ってなに?1分でわかる意味と、細長比との違い