建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 小梁ってなに?1分で分かる小梁の特徴と目的、種類

小梁ってなに?1分で分かる小梁の特徴と目的、種類

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


小梁をご存じでしょうか。建築業界では、あたり前に小梁という用語を使います。今回は、そんな小梁の特徴や、小梁を設ける目的、小梁の種類について説明します。


小梁以外の梁の種類は、下記が参考になります。

梁の種類とは?1分でわかる種類と構造

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

小梁ってなに?

小梁とは、床や屋根の荷重を支える梁部材です。小梁は地震力を負担しません。よって柱や大梁と比べて、部材が小さな部材です。また、小梁の両端はピン接合にします(ピン接合にすることで端部に曲げモーメントを伝達しません)。


※ピン接合については、下記が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い


下図をみてください。赤色の部材が小梁で、他の部材は大梁と柱です。

小梁を設ける目的

小梁を設ける目的は、床や屋根の荷重を受けるためです。屋根や床が小梁無しで力を伝達できるなら、小梁は必要ありません。実際に、スラブだけで力を伝達するケースもあります。


但し、一般的にスラブは20~30㎡以内、屋根の折板なら3.0m以内の範囲でしか強度的に持ちません。よって床が構造的に問題ない範囲で小梁を配置します。


下図をみてください。これは、屋根の梁伏図を示しています。屋根は折板を用いており、折板の許容スパンは3.0mとします。柱と大梁によるフレームは9.0×9.0mです。このとき小梁は、9.0/3.0=3分割となるよう、小梁は2本配置するのです。

鉄筋コンクリート造の床(スラブ)を受ける梁は、前述したようにスラブが構造的に問題ない範囲で小梁が必要です。最近ではスラブの型枠をフラットデッキで行うことが多いため、フラットデッキの許容スパン毎に小梁を配置します。


※フラットデッキに関しては下記が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

小梁の種類

小梁には鉄骨小梁と鉄筋コンクリート小梁があります。同じ小梁ですが、鉄筋コンクリート造の小梁は少し注意が必要。それは、両端が完全なピン接合ではないことです。またスラブによる剛性を考慮した応力やたわみを算定します。


※RC小梁に関しては下事が参考になります。

RC小梁の設計で注意したい4つのTIPs

まとめ

今回は、小梁について説明しました。小梁の特徴や、なぜ小梁が必要か分かって頂けたと思います。小梁は必ず必要な構造部材です。一方で地震力を負担することが無いので、柱や大梁に比べて小さな部材です。


鉄筋コンクリート造の小梁は、必要以上に大きくすると建物全体の地震力を大きくする結果に繋がる点にも注意しましょう。


また小梁は二次部材の1つです。他の二次部材や、二次部材の意味は下記が参考になります。

二次部材の設計

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 小梁ってなに?1分で分かる小梁の特徴と目的、種類
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事