1. HOME > 構造計算の基礎 > 逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

逆梁とは、スラブに対して梁せいが上側の出っ張るものです。一般的に、梁はスラブに対して下側に出っ張ります(これを順梁といいます)。今回は逆梁の意味、読み方、納まり、構造計算、鉄骨造と逆梁の関係について説明します。※スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

逆梁とは?

逆梁とは、スラブに対して梁せいが上側に出っ張るものをいいます。※梁せいについては下記の記事が参考になります。

梁せいとは?1分でわかる意味、スパン、梁幅との関係、鉄骨、rcの違い


下図が逆梁です。また右側に順梁(通常の梁)を示しました。

逆梁

逆梁は天井面に梁がでてこないので、空間を広く使うことができます。天井高が高いので、開放的な印象を持つ方も多いでしょう。※天井高については下記の記事が参考になります。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

梁下寸法、梁下有効、梁下フカシの意味


その一方で、普通の梁に比べてコストが高くなります。よって、逆梁は積極的に採用されません。分譲マンションなど、室内空間を広く取りたい場合は、逆梁にします。また、納まりの都合で、逆梁にします。

逆梁の読み方

逆梁は「ぎゃくばり」と読みます。順梁は「じゅんばり」です。

逆梁と構造計算

逆梁は、スラブに対して上側に梁せいがでます。よって、一般的な建物より階高、構造階高が高くなります。※構造階高については下記の記事が参考になります。

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味


構造階高が大きくなると、地震力や地震力による応力が増えます。よって、柱、梁が大きくなること、鉄筋が増える、など構造計算への影響が大きい構造です。

逆梁と構造計算

逆梁と鉄骨造の関係

基本的に、鉄骨造で逆梁は無いです。下図をみてください。鉄骨造の梁はH形鋼が普通です。鉄筋コンクリートと違い、鉄骨梁とスラブは完全に一体化していません。よって、「梁の上にスラブがのる」原則から外れると危ないですね。

鉄骨造は逆梁にできない

上図をみれば、鉄骨造の下にスラブを設けること(逆梁)は難しい、と理解できるでしょう。

逆梁のデメリット

逆梁としたマンションと、順梁のマンションを比較します。下図に示しました。同じ階数でも、逆梁とした場合は、階高が大きくなります。階高が大きくなると、その分コストが高くなります。コスト的なデメリットが大きいため、逆梁は使いづらいです。

逆梁のデメリット

まとめ

今回は逆梁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。普通、逆梁は積極的に利用しない方法です。コストが高くなるからです。一方で、天井高を高くし、広々とした空間がとれます。逆梁の意味とスラブとの関係、デメリットをよく理解してくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係