1. HOME > 構造計算の基礎 > 順梁とは?1分でわかる意味、読み方、逆梁との違い、扁平梁、バルコニーとの関係
スポンサーリンク

順梁とは?1分でわかる意味、読み方、逆梁との違い、扁平梁、バルコニーとの関係

順梁(じゅんばり)とはスラブに対して下側に出っ張る梁です。一般的に、梁は順梁とします。今回は順梁の意味、読み方、逆梁との違い、扁平梁、バルコニーとの関係について説明します。梁、逆梁の意味は下記が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

順梁とは?

順梁(じゅんばり)とは、スラブに対して下側に出っ張る梁です。下図をみてください。これが順梁です。

順梁

一般的に、梁は「順梁」とします。施工実績も多く、逆梁に比べて費用が安いのがメリットです。ただし、空間を広く取りたい場合など特別の理由があるとき、「逆梁」を採用します。下図をみてください。2階の梁を逆張りにするだけで空間を広く取れました。

順梁と逆梁

一方で、建物高さが大きくなります。これにより、柱や梁などの構造部材が「順梁の設計」より大きな断面が必要です。よって施工費が高くなります。逆梁の意味、特徴は下記が参考になります。

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

順梁の読み方

順梁は「じゅんばり」、逆梁は「ぎゃくばり」と読みます。逆張りの意味は、下記も参考になります。

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

順梁と逆梁、扁平梁との違い

順梁、逆梁、扁平梁の違いを、下記に整理しました。


順梁 ⇒ スラブ下に出っ張る梁。一般的な梁は、順梁となる。

逆梁 ⇒ スラブ上に出っ張る梁。空間を広くとりたいとき有効

扁平梁 ⇒ 幅の方が、せいより大きな梁。あるいは幅とせいの関係が極端な梁


下図をみてください。これが扁平梁です。

扁平梁

逆梁の意味は、下記が参考になります。

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

順梁とバルコニーの関係

バルコニーは梁から片持ち状に伸びるスラブです。下図をみてください。これがバルコニーです。

順梁とバルコニー

下図のように逆梁で、バルコニーのスラブ天端が室内のスラブ天端と異なる場合、構造的な注意が必要です。梁がねじれる恐れがあります。

逆梁とバルコニー

バルコニー、逆梁の意味は下記が参考になります。

片持ちバルコニーとは?1分でわかる意味、長さの限界、断面、片持ち梁

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

まとめ

今回は順梁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。順梁は、スラブ下に出っ張る梁です。一般的な梁は、順梁です。空間を広く取りたいなど、特別な理由がある場合、逆梁とします。順梁と逆梁の違い、バルコニーの関係も併せて勉強しましょうね。下記も参考になります。

逆梁とは?1分でわかる意味、読み方、構造計算、鉄骨造の関係

片持ちバルコニーとは?1分でわかる意味、長さの限界、断面、片持ち梁


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 順梁とは?1分でわかる意味、読み方、逆梁との違い、扁平梁、バルコニーとの関係