1. HOME > 鋼構造の基礎 > 耐火被覆の比重

耐火被覆の比重

鉄骨造の建物は、耐火性能を満足させるために、構造体の柱や梁に耐火被覆を施します。当然、耐火被覆の重量を考慮します。そこで今回は、耐火被覆の比重を紹介します。


色々な、耐火被覆の比重

材料名 単位重量 (kN/m^3) 柱(厚さ 単位mm) 梁(厚さ 単位mm)
1時間 2時間 3時間 1時間 2時間 3時間
耐火被覆 吹付石綿 (乾式・半乾式) 2.8以上 25 45 65 25 45 60
けい酸 カルシウム板 1号 3.5〜7.0 20 35 55 20 35 50
2号 1.5〜3.5 25 45 60 25 40 55
セラミックファイバー 6 20 30 40 20 30 40

※1号は仕上げ用、2号は見えがかり用


スポンサーリンク
 

耐火被覆重量の計算

上記のように、耐火被覆は100mmもない厚さです。それ自体は軽い重量ですが、吹付の耐火被覆の場合、柱は4面、H形鋼なら4面以上の範囲に耐火被覆を吹き付けます。


例えば柱に耐火被覆を吹き付けると、メートル当たりの耐火被覆の重量は、



です。柱断面が200角の場合、上記の計算式に当てはめるとw=56.0N/mが耐火被覆の重量となります。


H形鋼は、単純に梁せいや、幅の大きさよりも形状により単位長さ当たりの重量は大きくなるので注意しましょう。


まとめ

今回は、耐火被覆の比重について紹介しました。全体重量に対しては、大きな重量ではありませんが、忘れないよう注意したいですね。


下記の記事も参考になります。併せて勉強に役立ててください。


参考文献

下記の文献も参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 耐火被覆の比重