建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 耐火被覆の比重

耐火被覆の比重

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


鉄骨造の建物は、耐火性能を満足させるために、構造体の柱や梁に耐火被覆を施します。当然、耐火被覆の重量を考慮します。そこで今回は、耐火被覆の比重を紹介します。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

色々な、耐火被覆の比重

材料名 単位重量 (kN/m^3) 柱(厚さ 単位mm) 梁(厚さ 単位mm)
1時間 2時間 3時間 1時間 2時間 3時間
耐火被覆 吹付石綿 (乾式・半乾式) 2.8以上 25 45 65 25 45 60
けい酸 カルシウム板 1号 3.5~7.0 20 35 55 20 35 50
2号 1.5~3.5 25 45 60 25 40 55
セラミックファイバー 6 20 30 40 20 30 40

※1号は仕上げ用、2号は見えがかり用

耐火被覆重量の計算

上記のように、耐火被覆は100mmもない厚さです。それ自体は軽い重量ですが、吹付の耐火被覆の場合、柱は4面、H形鋼なら4面以上の範囲に耐火被覆を吹き付けます。


例えば柱に耐火被覆を吹き付けると、メートル当たりの耐火被覆の重量は、



です。柱断面が200角の場合、上記の計算式に当てはめるとw=56.0N/mが耐火被覆の重量となります。


H形鋼は、単純に梁せいや、幅の大きさよりも形状により単位長さ当たりの重量は大きくなるので注意しましょう。

まとめ

今回は、耐火被覆の比重について紹介しました。全体重量に対しては、大きな重量ではありませんが、忘れないよう注意したいですね。


下記も参考になります。併せて勉強に役立ててください。


参考文献

下記の文献も参考になります。

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 耐火被覆の比重
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事