1. HOME > 耐震設計の基礎 > アクティブ制震とは?1分でわかる意味、読み方、原理、パッシブ制震との違い

アクティブ制震とは?1分でわかる意味、読み方、原理、パッシブ制震との違い

アクティブ制震とは、地震で建物が揺れるとき、意図的に「地震の揺れを抑える」力を加え、建物の揺れを制御する方法です。「能動的(積極的)な制震」なので、アクティブ制震といいます。逆に、受動的な制震をパッシブ制震といいます。今回はアクティブ制震の意味、読み方、原理、パッシブ制震との違いについて説明します。


下記の記事も併せて参考にしてください。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

アクティブ制震とは?

アクティブ制震とは、地震で建物が揺れる時、意図的に「地震の揺れを抑える力」を作用させ、建物の揺れを制御する方法です。


アクティブ制震では、地震による振動を「打ち消す力」を、意図的(能動的)に建物に加えます。※能動的とは、「積極的に行うこと」です。逆に、受動的な制震をパッシブ制震といいます。


アクティブ制震には、重りをコンピューター制御で動かす機械などを使います。

アクティブ制震の読み方

アクティブ制震は、「あくてぃぶせいしん」と読みます。

アクティブ制震の原理

アクティブ制震の方法として、重りをコンピューター制御で動かす方法があります。簡単な原理を下記に整理しました。


1.地震動をセンサーで感知

2.コンピューター制御により、重りが自動で建物に振動を加える

3.地震による建物の揺れと、コンピューター制御で加えた揺れが打ち消しあう

4.建物の揺れがおさまる


一方で、アクティブ制震で制御可能な地震力には限界があります。大きな地震動を制御するには向きません(制御機構の規模に限界がある)。よって、アクティブ制震は、地震動を制御するよりも、風荷重による振動制御を目的に使うことが多いです(風により室内が振動しないよう制御。居住性をよくするため)。

アクティブ制震とパッシブ制震の違い

アクティブ制震とパッシブ制震の違いを下記に整理しました。


アクティブ制震 ⇒ 建物に、あえて揺れ(外力)を加えることで、地震力を打ち消し、建物の揺れを制御する方法

パッシブ制震 ⇒ 地震力を吸収する部分(ダンパー)が、建物の揺れに「応じて」、制御する方法。

まとめ

今回はアクティブ制震について説明しました。意味が理会頂けたと思います。アクティブ制震は、建物にあえて外力を加えることで、地震力を打ち消し、建物の揺れを制御する方法です。能動的に制震を行うので、アクティブ制震といいます。簡単な原理、意味を理解しましょう。また、パッシブ制震との違いも覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > アクティブ制震とは?1分でわかる意味、読み方、原理、パッシブ制震との違い