建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 外端、内端とは?1分でわかる意味、読み方、梁の端部と連続梁の応力

外端、内端とは?1分でわかる意味、読み方、梁の端部と連続梁の応力

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


外端は、梁の端部外側を意味します。内端は、梁の端部内側のことです。鉄筋コンクリート造の梁は、配筋を外端、内端、中央で分けます。配筋をこのように分けることは、コスト的、構造的にも重要です。よって、外端と内端の正しい意味を理解する必要があります。今回は、外端と内端の意味、読み方、梁の端部と連続梁の応力について説明します。

公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

外端、内端とは?

外端とは、梁の外側に位置する端部です。下図をみてください。2スパンの連続梁です。

外端と内端

外端とは、赤丸箇所を意味します。梁の端部で外側なので、「外端」です。


次に内端とは、梁の内側の端部です。下図の赤丸箇所が「内端」を意味します。

内端

例えば、複数スパンの連続梁の場合、ほとんどが内端です。1スパンに対して、外端は必ず2箇所となります。


では、下図のY方向スパンの梁はどうでしょうか。この場合、内端はありません。また両端部とも外端といえますが、外端や内端と区別する必要がないので、図面上は単に「端部」とも描きます。

外端のルール

梁の端部と連続梁の応力

梁の端部は、前述したように「外端」「内端」「中央」に分けられます。理由は、各箇所で応力が異なるからです。例えば、2スパン連続梁の応力は、真ん中の支持端で最も応力が大きくなります(長期時の応力)。

連続梁と応力

よって内端上端部の配筋が多く必要です。次に、中央下端に多く鉄筋を要します。一方、中央上端、外端下端などは応力が小さいので、鉄筋量も減ります。


※上端、下端については下記が参考になります。

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋


また、地震時の応力を考えると外端にも大きな応力が作用します。階数が大きな建物では、むしろ外端に多くの鉄筋が入ることもあります。


このように、応力に応じて鉄筋量は増減させるべきで、合理的な設計が可能になります。

外端、内端の読み方

外端と内端の読み方は下記です。


外端 がいたん

内端 ないたん

まとめ

今回は、外端、内端について説明しました。意味が理解頂けたと思います。特に鉄筋コンクリート造では、外端、内端を使い分けることで構造的、コスト的に合理的な設計となります。必ず覚えておきたい項目です。

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 外端、内端とは?1分でわかる意味、読み方、梁の端部と連続梁の応力
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事