1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 学校の定義は?1分でわかる意味、建築基準法との関係、学校等の定義、幼稚園、大学、天井高さ
スポンサーリンク

学校の定義は?1分でわかる意味、建築基準法との関係、学校等の定義、幼稚園、大学、天井高さ

建築基準法では、度々「学校」や「学校等」という用語が使われます。学校は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学および高等専門学校です。学校は、学校教育法により用語の定義がされています。学校等は、建築基準法に定義があります。今回は学校の定義、建築基準法との関係、学校等の定義、幼稚園、大学、天井高さとの関係について説明します。


※建築基準法は、下記の記事が参考になります。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則

建築で使う、学校の定義は?

建築で使う「学校」は、学校教育法で定義される「学校」と考えてください。下記に示します。


幼稚園

小学校

中学校

高等学校

中等教育学校

特別支援学校

大学

高等専門学校

建築基準法と学校等の定義

建築基準法施行令126条の2第1項二号に、「学校等」という用語が定義されます。学校等は、下記を意味します。


学校

体育館

ボーリング場

スキー場

スケート場

水泳場

スポーツの練習場


ボーリング場やスケート場は、一般的に想像する「学校」の意味から遠いので注意してください。けっして先入観で判断せず、法令集を確認する癖をつけましょう。

平成31年版(2019年度版) 建築関係法令集法令編

幼稚園は学校に該当するか

学校教育法より、幼稚園は学校に該当します。ただし幼稚園と似ている「保育園」は学校に該当しません。保育園は、児童福祉法で規定されるからです。

大学は学校に該当するか

学校教育法より、大学は学校に該当します。

学校の天井高さ

建築物の居室の天井高さは、2.1m以上にします。これは、学校の教室でも同様です。ただし、あまり天井を高くし過ぎると、落ち着かないので注意します。居室の天井の高さは、令21条に規定されます。※居室の意味は、下記の記事が参考になります。

居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光

学校と採光の関係

学校や病院、児童福祉施設などの居室は、所要の採光を必要とします。必要な採光面積と、床面積の割合は、令19条2項、3項に定義されます。下記に整理しました。


幼稚園、小学校、中学校、中等教育学校の教室 ⇒ 1/5

大学、専修学校、各種学校の教室 ⇒ 1/7


例えば、大学で床面積が100uの教室は、採光のため窓などの面積を、100/7=14.3u以上とします。


※居室の意味は、下記の記事が参考になります。

居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光

まとめ

今回は学校、学校等の意味について説明しました。理解頂けたと思います。学校は、学校教育法に定義されます。学校等は、建築基準法に定義がありましたね。意味と違いも理解しましょう。建築基準法は、用語の定義を知らないと、読み進めることが難しいです。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 学校の定義は?1分でわかる意味、建築基準法との関係、学校等の定義、幼稚園、大学、天井高さ