1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 準耐火性能とは?1分でわかる意味、準耐火構造、耐火性能との違い
スポンサーリンク

準耐火性能とは?1分でわかる意味、準耐火構造、耐火性能との違い

準耐火性能(じゅんたいかせいのう)とは、準耐火構造に必要とする性能です。具体的には、壁、柱、床などの部分が、通常の火災による延焼を抑制するために必要とする性能です。耐火性能と比較すると、準耐火性能は「倒壊」は防ぎません。今回は準耐火性能の意味、準耐火構造、耐火性能との違いについて説明します。耐火性能、準耐火構造の詳細は下記が参考になります。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

準耐火構造とは?1分でわかる意味、準耐火性能と壁、不燃材料との関係

準耐火性能とは?

準耐火性能は準耐火構造に必要とする性能です。具体的には法2条の七号の二に規定されています。準耐火性能とは、


通常の火災による「延焼を抑制」するために、壁、柱、床などに必要とする性能


です。準耐火建築、準耐火構造の詳細は下記が参考になります。

準耐火建築物とは?1分でわかる意味、要件、イ-1、イ-2、ロ-1との関係

準耐火構造とは?1分でわかる意味、準耐火性能と壁、不燃材料との関係


準耐火性能の技術的基準は、令107条の2、令129条の2の3で規定されています。令107条の2の一号は非損傷性、二号は遮熱性、三号は遮炎性を規定しています。令107条の2一号は、主要構造部では通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後、下表の構造耐力上主要な変形、溶融、破壊、その他の損傷を生じないことが必要です。


壁 45分間

柱 45分間

床 45分間

はり 45分間

屋根 30分間

階段 30分間


二号では、加熱開始後45分間は、加熱面以外の面の温度が燃焼温度以上に上昇しないことが明記されています。


三号は、加熱開始後45分間は、屋外に火炎を出す原因となる亀裂が生じないことが明記されています。


詳細は令107条の2をご覧ください。また、令129条の2の3一号では1時間の非損傷性が求められています。


壁 1時間

柱 1時間

床 1時間

はり 1時間

屋根 30分間

階段 30分間


上記のように、準耐火性能は1時間と45分の違いあります。それぞれ、1時間準耐火、45分準耐火のように略称があります。

スポンサーリンク

準耐火性能と準耐火構造

準耐火性能は準耐火構造に必要となる性能です(令109条の3に適合すれば必ずしも必要ではない)。準耐火性能と準耐火構造、準耐火建築物の関係を下図に示します。


準耐火性能1

準耐火性能と耐火性能との違い

準耐火性能と耐火性能の違いを下記に示します。


準耐火性能 ⇒ 通常の火災による「延焼を抑制するため」に必要とする性能

耐火性能 ⇒ 通常の火災が終了するまでの間、火災による建築物の「倒壊および延焼を防止するため」に必要とする性能


大きく違うのは「延焼を抑制する」と「倒壊および延焼を防止する」という点です。耐火構造は火災が終わった後、建築物は崩壊しません。一方、準耐火性能は、火災が終わった後、建物が倒壊する恐れがあります。耐火性能の詳細は下記が参考になります。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

まとめ

今回は準耐火性能について説明しました。意味が理解頂けたと思います。準耐火性能は、準耐火構造に必要とする性能です。具体的には、通常の火災による「延焼を抑制する」ために必要な性能です。技術的基準は令107条の2に明記があります。下記も併せて勉強しましょうね。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

準耐火構造とは?1分でわかる意味、準耐火性能と壁、不燃材料との関係

準耐火建築物とは?1分でわかる意味、要件、イ-1、イ-2、ロ-1との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン
荷重pdf

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 準耐火性能とは?1分でわかる意味、準耐火構造、耐火性能との違い