1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 準防火性能とは?1分でわかる意味、外壁、軒裏との関係

準防火性能とは?1分でわかる意味、外壁、軒裏との関係

準防火性能は、建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼の抑制に一定の効果を発揮するために「外壁」に必要とされる性能です。今回は、準防火性能の意味、外壁、軒裏との関係について説明します。

準防火性能とは?

準防火性能は、下記の性能です。


似た用語で防火性能があります。防火性能のほうが、よりグレードの高い仕様です。耐火構造、防火構造については下記の構造が参考になります。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係


準防火性能は建築基準法23条、技術的基準は令109条の7に規定されます。

準防火性能の技術的基準

準防火性能の技術的基準は下記です。


上記の「」部が大切なポイントです。まず、準防火性能は耐力壁である外壁と、一般の外壁で求められる性能が違います。


耐力壁以外の外壁では、20分間、加熱面以外の面が可燃物燃焼温度以上に上昇しないことが条件です。※可燃物燃焼温度とは、物が燃え始める時の温度です。


下図をみてください。

準防火性能

上図の、「当該加熱面以外の面」は燃えないようにします(可燃物燃焼温度以上にしない)。

準防火性能と外壁、軒裏の関係

準防火性能の外壁に求められる性能は前述したとおりです。ただし、耐力壁の外壁と、耐力壁以外の外壁で性能が異なるので注意してください。また、準防火性能は外壁にのみ必要とされる性能です。軒裏に必要な性能は、防火性能です。

まとめ

今回は準防火性能について説明しました。準防火性能の意味が理解頂けたと思います。準防火性能は外壁にのみ必要とし、軒裏は考慮しません。また、防火性能と考え方の違いも理解しましょう。技術的基準に関しては、一度目を通しおくとよいです(暗記する必要はないです)。下記の記事を併せて参考にしてください。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 準防火性能とは?1分でわかる意味、外壁、軒裏との関係