1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 延焼のおそれのある部分とは?1分でわかる意味、隣棟間、緩和、外壁

延焼のおそれのある部分とは?1分でわかる意味、隣棟間、緩和、外壁

延焼のおそれのある部分は、建築基準法2条1項六号に規定される範囲の部分です。延焼とは、出火元から別の建築物へ燃え広がることです。※延焼は一般用語で国語辞典などに定義があります。今回は、延焼のおそれのある部分の意味、隣棟間隔、その緩和規定、外壁などの規定について説明します。

延焼のおそれのある部分とは?

延焼のおそれのある部分は法2条1項六号に規定される範囲の部分です。下記に条文を示します。


条文を図示しました。

延焼のおそれのある部分

また、同一敷地内で、2つの建築物がある場合、建築物間の距離が近いと「延焼のおそれのある部分」を有します。ただし、2つの建築物の延べ床面積が合計500u以内であれば、1つの建築物とみなします。


よって、2つの建築物間の延焼のおそれのある部分を考えなくてもよいです。下図に示しました。

2つの建築物が500u以内のとき

スポンサーリンク
 

延焼のおそれのある部分の隣棟距離と例題

延焼のおそれのある部分は一級建築士試験でもたびたび出題されます。下記の問題の正否を考えてください。


いかがでしょうか。答えは「×」です。まず、同一敷地内に2つの建築物があるとき、2つの建築物の合計延べ面積をチェックします。

ですから、一の建築物とみなせません。次に、隣棟距離を確認します。1階では外壁相互の中心線から3m以下の場合、延焼のおそれのある部分を「有しています」。今回は外壁芯間の距離が6mなので、外壁中心線からだと

です。よって延焼のおそれのある部分を「有する」建築物です。


延焼のおそれのある部分をチェックするときは、図を描いて考えましょう。言葉だけで暗記すると間違えやすいです。

延焼のおそれのある部分の緩和規定

延焼のおそれのある部分には緩和規定があり、これらを有する場合、前述した規定は除外されます。下記に示しました。

延焼のおそれのある部分と木造建築物の外壁

延焼のおそれのある部分を有する、木造建築物の外壁および軒裏は、防火構造とする規定があります。法24条に規定されています。


防火構造については下記の記事が参考になります。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

延焼のおそれのある部分と開口部

延焼のおそれのある部分を有する開口部は、防火設備(準遮炎性能を有すること)で国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの、又は、国土交通大臣の認定を受けたものにします。


準遮炎性能については下記の記事が参考になります。

遮炎とは?1分でわかる意味、読み方、遮炎性能、準遮炎性能との違い

まとめ

今回は、延焼のおそれのある部分について説明しました。延焼のおそれのある部分の隣棟間隔は一級建築士試験にもたびたび出題されます。緩和規定も併せて確認しましょう。また、延焼のおそれのある部分は、開口部や外壁に注意が必要です。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 延焼のおそれのある部分とは?1分でわかる意味、隣棟間、緩和、外壁