1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 準耐火建築物とは?1分でわかる意味、要件、イ-1、イ-2、ロ-1との関係
スポンサーリンク

準耐火建築物とは?1分でわかる意味、要件、イ-1、イ-2、ロ-1との関係

準耐火建築物とは、建築基準法2条第九号の三に定義される建築物です。主要構造物を準耐火構造とし、外壁の開口部で延焼の恐れのある部分に所定の防火設備を設けた建築物とします。今回は準耐火建築物の意味、要件、イ-1、イ-2、ロ-1との関係について説明します。


※耐火構造、不燃、遮炎の意味は、下記の記事が参考になります。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

不燃とは?1分でわかる意味、不燃性能、不燃と準不燃、難燃の違い

遮炎とは?

準耐火建築物とは?

準耐火建築物は、下記の2ケースに該当する建築物です。建築基準法2条九号の三に定義されます。準耐火建築物となる要件は、下記です。


@ 主要構造部を準耐火構造とすること。かつ外壁の開口部で延焼の恐れがある部分に、所定の防火設備を設けること(※九号の2のロに定義される防火設備)


A 主要構造部を、政令で定める技術的基準に適合させること(令109条の3)。かつ外壁の開口部で延焼の恐れがある部分に、所定の防火設備を設けること(※九号の2のロに定義される防火設備)


@とAで違うのは、


主要構造部を準耐火構造とすること(九号の三イ)

主要構造部を政令で定める技術的基準に適合させること(九号の三ロ)


です。上記は、法律内で「イ」と「ロ」という通り符号で、分類されています。よって、イ準耐やロ準耐といわれます。


なお、延焼の恐れがある部分に設ける防火設備は、下記の性能とします。


政令で定める防火設備で、構造が遮炎性能を有すること


※延焼、遮炎性能の意味は、下記の記事が参考になります。

延焼のおそれのある部分とは?1分でわかる意味、隣棟間、緩和、外壁

遮炎とは?

準耐火建築物とイ-1、イ-2、ロ-1の関係

準耐火建築物のイの要件は、さらに細かくわけることができます。イの準耐火構造は、下記の2つがあります。


イ-1 1時間耐火の準耐火構造(令115条の2の2)

イ-2 45分耐火の準耐火構造(法2条七号の二、令107条の2)


ロの政令で定める技術的基準も下記の2つがあります。条文は全て書かずに、ポイントだけ示します。


ロ-1 外壁が耐火構造であること。屋根の構造が法22条第1項に規定する構造

ロ-2 柱及びはりが不燃材料であること。その他の主要構造部が準不燃材料であること


詳細は、令109条の3を確認くださいね。

まとめ

今回は準耐火建築物について説明しました。意味が理解頂けたと思います。準耐火建築物は、イ準耐とロ準耐があります。さらに細かく分けると、4種類の準耐火建築物がありましたね。実務者でも悩む箇所なので、じっくり勉強をすすめてください。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

遮炎とは?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 準耐火建築物とは?1分でわかる意味、要件、イ-1、イ-2、ロ-1との関係