1. HOME > 構造計算の基礎 > 遮炎とは?1分でわかる意味、読み方、遮炎性能、準遮炎性能との違い

遮炎とは?1分でわかる意味、読み方、遮炎性能、準遮炎性能との違い

遮炎は、通常の火災時における火炎を有効に遮ることです。防火設備には遮炎を満たす性能が必要です(遮炎性能)。今回は、遮炎の意味、遮炎の読み方、遮炎と遮炎性能の関係、準遮炎性能との違いについて説明します。

遮炎とは?

遮炎とは、

です。火炎を有効に遮る、とは延焼を防ぐという意味です。火災が起きて、周囲の建物に火が燃え移らないために遮炎性能が必要です。


上記の性能を、遮炎性能といいます。遮炎および遮炎性能は法2条1項九号の二ロに規定されます。また遮炎性能の具体的な基準は、令109条の2で規定されます。遮炎性能は後述します。


遮炎は、耐火建築物に求められる開口部に必要な性能です。法2条1項九号の二ロでは、

が規定されています。


火災が起きた時、火炎が周りに燃え広がらないこと(延焼を防ぐこと)は最も重要です。建築物の外壁は、延焼を防ぐことが原則ですが、開口部も同様です。

遮炎の読み方

遮炎は「しゃえん」と読みます。似た読み方で遮煙(しゃけむり)があります。下記に遮炎の読み方を整理しました。


実は、日本語として遮煙は「しゃえん」と読みます。ただ、遮炎と混同するので「しゃけむり」です。

遮炎と遮炎性能

遮炎性能について具体的な基準を紹介します。下記です。


通常の火災時なので、屋内および屋外で火災が起きた時、20分間は火炎を出さないことが求められます。


つまり遮炎性能は、

の両方を満たす性能です。

スポンサーリンク
 

遮炎性能と準遮炎性能の違い

遮炎性能と似た用語で、準遮炎性能があります。遮炎性能と準遮炎性能の違いは下記です。


遮炎は屋外・屋内に問わず、20分間は火炎を出さないことが求められます。一方、準遮炎性能は、「屋外で発生した火災を」20分間、屋内側へ出さない性能です。


準遮炎性能は、法64条で下記のように規定されます。


具体的な基準は下記です(令136条の2の3より)。

まとめ

今回は、遮炎について説明しました。遮炎の意味、遮炎性能や準遮炎性能の違いが理解頂けたと思います。意味が混同しがちですが、理解すれば簡単ですね。併せて耐火性能について勉強しましょう。

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 遮炎とは?1分でわかる意味、読み方、遮炎性能、準遮炎性能との違い