1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係

耐火とは、建築物の柱、梁、壁、床などに必要な性能の1つです。耐火の性能を、耐火性能といいます。耐火性能をもつ構造(建築基準法では厳密な定義があります)を耐火構造といいます。また耐火と似た用語で防火があります。今回は、耐火の意味、防火との違い、耐火性能との関係について説明します。

耐火とは?

耐火は建築基準法2条1項七号で、下記のように定義されます。


上記を満足する性能を「耐火性能」といいます。耐火性能は、建物の階数や各部材により異なります。後述しました。


まず建築基準法では3つの火災が定義されています。


ここでいう「通常の火災」とは、一般的に起こりうる火災かと思います(※法律内に通常の火災に関する定義はありません)。例えば、隕石が落ちて火災が発生したなど、「異常、非常」な火災は対象外です(通常⇔異常・非常)。


また、単に「通常の火災」とある場合、屋内・屋外の両方の火災を意味します。


耐火は、屋内・屋外の両方の火災が発生し、火災が終了するまでの間、建築物が倒壊しないこと。延焼(周囲に燃え広がらないこと)防止することが目的です。


鉄筋コンクリートは、躯体自身が耐火性能をもちます。一方、鉄骨は耐火性能を持たないので、耐火被覆や防火被覆が必要です。※耐火被覆については下記が参考になります。

耐火被覆の目的と、材料と工法

防火とは?

防火は法2条1項八号に規定されます。下記に示しました。

です。外壁または軒裏に必要とされる上記の性能を「防火性能」といいます。防火性能をもつ外壁または軒裏を防火構造といいます。


鉄骨部材は防火性能がないため、防火被覆などを行います。※防火被覆は下記の記事が参考になります。

柱の防火被覆の目的が分かるたった1つのポイントと、建物の耐力


防火性能の具体的な性能は、建築基準法施行令108条1項一号、二号に規定されます。下記に概要を示しました。


一 耐力壁である外壁は、周囲で発生する火災により加熱開始後30分間構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じないこと。

二 外壁および軒裏は、周囲で発生する火災により加熱開始後30分間、加熱面以外の面の温度が「可燃物燃焼温度」以上に上昇しないこと。


「耐力壁の外壁」と単なる外壁で要求される防火性能が異なる点に注意が必要です。可燃物燃焼温度とは、物が燃え始めるときの温度です。

スポンサーリンク
 

耐火と防火の違い

耐火と防火の違いを下記に示しました。


耐火性能のほうが、火災に対して求められる性能がより高いですね。

耐火性能とは?

耐火性能の技術的基準は、令107条に規定されます。建築物の階数、各部材ごとに求められる性能(構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊などを生じない「時間」)が違います。下表をみてください。

建築物の部分 建築物の階 最上階及び最上階から数えた階数が2以上で4以内の階 最上階から数えた階数が5以上で14以内の階 最上階から数えた階数が15以上の階
間仕切り壁(耐力壁に限る) 1時間 2時間 2時間
外壁(耐力壁に限る) 1時間 2時間 2時間
1時間 2時間 3時間
1時間 2時間 2時間
はり 1時間 2時間 3時間
屋根 30分間
階段 30分間

階数が分かれば、上表から必要な耐火性能が読み取れます。


例えば5階建ての2階にある柱の耐火性能は、「1時間」です。※5階建ての2階部分は、最上階から数えて4以内の階です。

まとめ

今回は耐火について説明しました。耐火の意味、耐火と防火の違い、耐火性能など理解頂けたと思います。これから構造設計に携わる人でも、案外、耐火や防火の知識は必要です(耐火被覆や防火被覆など荷重に影響)。基本的な知識は覚えておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐火とは?1分でわかる意味、防火との違い、耐火性能との関係