1. HOME > 構造計算の基礎 > 立面図とは?1分でわかる意味、見方、断面図との違い、方角

立面図とは?1分でわかる意味、見方、断面図との違い、方角

立面図とは、建物を真横から見た姿を描いた図面です。東西南北の各方向から見た面を描きます。平面図、立面図、断面図は、意匠図の中で最も基本的な図面です。今回は、立面図の意味、見方、断面図との違い、立面図と方角の関係について説明します。※その他、建築図面の種類は、下記が参考になります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

立面図の見方

立面図は案外、見方が難しいです。立面図は普通、東西南北の4方向からみた図面を描きます。


長方形の建物で、平面図を示しました。上側が北、下側が南、右が東、左が西です。この建物の立面図を描くとき、矢印の方向からみて立面図を描きます。

平面図

北と南、東と西で、通り符号の順番が反転します。軸組図を描くときに注意したい点です。※後述しました。

立面図と断面図の違い

立面図は建物を真横からみた図面。断面図は鉛直方向(上下)に、建物を切断したときの断面を描いた図面です。下記の違いがあります。

立面図と方角

立面図は一般的に東西南北の四方向から見た図面を描きます。各方角からみた図面を下記に整理しました。


建物の向きに応じて、南北立面図や東西立面図と描くこともあります。※例えば、建物が斜めに配置された場合。

立面図と軸組図の違い

立面図は、下図の矢印に示す方向をみたときの姿図です。

立面図

一方、軸組図は下図の矢印に示す方向をみたときの姿図です。

軸組図

軸組図は、「上向きと左向き」から見た躯体図面です。立面図から軸組図をつくるとき、位置関係が反転するので注意してください。

まとめ

今回は立面図について説明しました。意味や見方が理解頂けたと思います。立面図は建物の外観がわかる図面です。断面図との違いを理解してくださいね。また、軸組図と立面図の見方の違いを理解してください。立面図の見方を覚えたら、矩計図や平面詳細図も理解したいですね。

矩計図とは?

平面詳細図とは?1分でわかる意味、見方、寸法、縮尺、平面図との違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 立面図とは?1分でわかる意味、見方、断面図との違い、方角