1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の読み方は?1分でわかる意味、建築業界での使い方

杭の読み方は?1分でわかる意味、建築業界での使い方

杭は、「くい」と読みます。建築業界では、ごく当たり前に使う用語です。とくに構造設計では、毎日のように杭(くい)という用語を耳にします。今回は、改めて杭の読み方、意味、種類について説明します。

杭の読み方は?

杭は「くい」と読みます。又は既製杭(きせいぐい)のように、「ぐい」と読むこともあります。杭は、建築業界では音読みが普通です。杭を訓読みすると「わたる」です。下記に、音読みと訓読みを整理しました。


下記に、建築業界で使う杭用語を書きました。


・杭(くい)

・既製杭(きせいぐい)

・場所打ち杭(ばしょうちくい)

・打ち込み杭(うちこみぐい)


・特殊杭(とくしゅぐい)

・鋼管杭(こうかんぐい)

・コンクリート杭(こんくりーとぐい)

・単杭(たんぐい)

・群杭(ぐんくい)

などです。


※単杭については下記の記事が参考になります。

単杭とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、群杭との違い


一見難しい感じですが、簡単な読み方ですね。また日常生活でも

のような使い方をします。

杭とは?

杭は、建物の重さを支える基礎の1つです。杭については下記の記事が参考になります。

基礎構造の種類


杭は、細長い円形の柱で支持層まで到達させ建物を支持します。

日本は沖積層(軟弱な地盤)がほとんどです。沖積層とは、十数メートル、数十メートル下に固い支持層が出現する地盤です。表層地盤は柔らかいので、建物を設置すると沈下します。


そこで、杭を使い建物の重量を固い地盤まで伝えます。

杭の種類

杭には沢山の種類があります。杭の種類については、下記の記事で詳細にまとめています。参考にしてください。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法


前述した杭の読み方をマスターすれば大丈夫です。安心してください。

まとめ

今回は、杭の読み方について説明しました。杭は、一見難しい感じですが読み方は簡単です。「くい」「ぐい」と読み方が変わる点に注意してください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の読み方は?1分でわかる意味、建築業界での使い方