1. HOME > 鋼構造の基礎 > ひずみ硬化とは?1分でわかる意味、ひずみ硬化開始点、高張力鋼との関係

ひずみ硬化とは?1分でわかる意味、ひずみ硬化開始点、高張力鋼との関係

ひずみ硬化とは、鋼材の力学性状の1つです。鋼材が降伏し、応力度が低下した後、応力度が上昇する現象です。今回はひずみ硬化の意味、ひずみ硬化開始点、高張力鋼との関係について説明します。


ひずみ硬化は、鋼材の応力ひずみ線図をみると、よくわかります。応力ひずみ線図、応力やひずみの意味は、下記が参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

ひずみ硬化とは?

ひずみ硬化とは、鋼材の力学性状の1つです。鋼材は降伏後、応力度が低下します。低下した応力度を維持し、ひずみが進行した後、応力度が上昇します。これがひずみ硬化です。


下図をみてください。降伏棚と呼ばれる範囲から、引張強さまで応力度が上昇していますよね。この現象がひずみ硬化です。

応力ひずみ線図

鋼材の引張試験を行うと、ほとんどの場合、ひずみ硬化が見られます。


鋼材はひずみ硬化の後、最大耐力を迎えます。最大耐力の後、鋼材には「くびれ」がみられます。「鋼材のくびれ」とは、他の幅に比べて細くなる部分です。加力を続けるほど、くびれは細くなり、最後は破断します。


鋼材の引張試験と力学性状については、下記の記事も参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

引張試験とは?1分でわかる目的、降伏点、伸び、考察、試験片の形状

ひずみ硬化と、ひずみ硬化開始点、高張力鋼の関係

ひずみ硬化が開始する点を、ひずみ硬化開始点といいます。一般的な鋼材(軟鋼)では、降伏棚から応力度が上昇し始める点が、ひずみ硬化開始点です。


ただし、応力ひずみ線図が「丸屋根型」のように、降伏が明確に表れない鋼材では、降伏直後(0.2%のひずみが生じた時点を、降伏点と考える)にひずみ硬化が起きます。降伏が明確にない鋼材として、高張力鋼があります。下記の記事が参考になります。

高張力鋼とは?1分でわかる意味、規格、ヤング率、定義

0.2%耐力とは?1分でわかる意味、求め方、sus304、降伏点、引張強

まとめ

今回はひずみ硬化について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ひずみ硬化は、応力度が低下し、ひずみが進んだ後、応力度が上昇する現象です。通常の鋼材では、降伏棚がみられた後、ひずみ硬化が起きます。ひずみ硬化の意味、高張力鋼との関係など理解しましょう。下記の記事も参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

高張力鋼とは?1分でわかる意味、規格、ヤング率、定義


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ひずみ硬化とは?1分でわかる意味、ひずみ硬化開始点、高張力鋼との関係