1. HOME > 鋼構造の基礎 > 0.2%耐力とは?1分でわかる意味、求め方、sus304、降伏点、引張強さとの関係

0.2%耐力とは?1分でわかる意味、求め方、sus304、降伏点、引張強さとの関係

0.2%耐力とは、ひずみが0.2%時点での応力度を意味します。降伏点が明確に表れない高張力鋼やステンレス鋼など(ステンレス鋼の場合は0.1%)、0.2%時の応力度を、降伏点とします。今回は0.2%耐力の意味、求め方、sus304との関係、降伏点、引張強さとの関係について説明します。


※sus304、降伏点、引張強さの意味は、下記の記事も参考になります。

sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

0.2%耐力とは?

0.2%耐力とは、ひずみが0.2%時点での応力度です。降伏点が明確に表れない高張力鋼などでは、ひずみが0.2%時点での応力度を、降伏点と考えます。下図をみてください。高張力鋼などでは、降伏点が明確に無いです。この応力―ひずみ線図を、丸屋根型などといいます。

0.2%耐力と丸屋根型

0.2%時点のひずみを採用する理由は、0.2%時点で永久ひずみが残るため、のようです。


なお、ステンレス鋼では、ひずみの値が0.1%時点を降伏点と定義します。※ステンレス鋼の特徴、降伏点は下記の記事が参考になります。

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張

0.2%耐力の求め方

0.2%耐力の求め方は簡単です。応力―ひずみ線図がわかっているなら、横軸の0.2%(=0.002)から縦線を引いて、曲線と交わった位置で、横線を引きます。その横線の位置が、降伏点です。

0.2%耐力の求め方

なお、ひずみの計算式は下記です。


ε=ΔL/L


εはひずみ、ΔLは材料の変形量、Lは材料の長さです。材料の変形量は微小なので、一般的に、ひずみゲージなどを用いて計測します。※ひずみの意味、単位などは、下記の記事が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

0.2%耐力と降伏点、引張強さとの関係

0.2%耐力と降伏点、引張強さの関係を下記に整理しました。


0.2%耐力 ⇒ ひずみが0.2%になった時点での応力度。降伏点が明確でない金属材料に適用する。なお、単に耐力ともいう。

降伏点 ⇒ 降伏点が明確でない金属材料では、0.2%耐力と同じ意味。

引張強さ ⇒ 0.2%耐力より大きな値で、その金属の最大の応力度。引張強度ともいう。


降伏点、引張強さの意味は、下記の記事も参考になります。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

まとめ

今回は0.2%耐力について説明しました。意味が理解頂けたと思います。0.2%耐力は、ひずみが0.2%時点での応力度です。降伏点が明確でない金属では、0.2%耐力を降伏点とします。ステンレス鋼では、0.1%耐力です。降伏点、引張強さ、ステンレス鋼の特徴も、併せて参考にしてくださいね。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 0.2%耐力とは?1分でわかる意味、求め方、sus304、降伏点、引張強さとの関係