1. HOME > 鋼構造の基礎 > 高張力鋼とは?1分でわかる意味、規格、ヤング率、定義

高張力鋼とは?1分でわかる意味、規格、ヤング率、定義

高張力鋼とは、引張強度が490N/mu以上の鋼材です。引張強さ490未満の鋼材を、軟鋼といいます。今回は高張力鋼の意味、規格、ヤング率、定義について説明します。なお、一般的に使う軟鋼を普通鋼、特殊な用途に用いる鋼材を特殊鋼といいます。普通鋼、特殊鋼の意味は、下記の記事が参考委なります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力


鋼材の種類は、下記の記事が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

高張力鋼とは?

高張力鋼とは、引張強度490N/mu以上の軟鋼です。引張強度490N/mu未満の鋼材を、軟鋼といいます。また一般的に使う軟鋼を、普通鋼といいます。耐火性のある鋼など、特殊な性能を付加された鋼材は特殊鋼です。※特殊鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力


また、引張強度が1000N/muを超える鋼材を、超高張力鋼といいます。


柱や梁部材に、高張力鋼を使うことは少ないですが、一般的に用いる「高力ボルト」は、高張力鋼が用いられます。高力ボルトの意味、特徴は下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

高張力鋼の読み方

高張力鋼の読み方は、「こうちょうりょくこう」です。関係する用語の読み方は下記です。


普通鋼 ⇒ ふつうこう

特殊鋼 ⇒ とくしゅこう

軟鋼 ⇒ なんこう

非調質鋼 ⇒ ひちょうしつこう

調質鋼 ⇒ ちょうしつこう


※普通鋼、特殊鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力


上記と併せて、調質鋼、非調質鋼の意味も覚えてくださいね。

高張力鋼の定義

高張力鋼の定義は下記です。


引張強度が490以上1000N/mu未満の軟鋼

高張力鋼の規格

高張力鋼の規格を下記に示します。一般鋼に比べて、降伏点、引張強度共に高いことがわかりますね。

高張力鋼の化学成分

高張力鋼の引張強度、降伏点

一般的な鋼材の引張強度、降伏点は下記の記事が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

高張力鋼のヤング率

高張力鋼のヤング率は


2.05×10^5 N/mu


です。鋼のヤング率は、材種の違いが無いです。※ヤング率の意味は、下記の記事が参考になります。

ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

まとめ

今回は高張力鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。高張力鋼は、引張強度が490N/mu以上を超える鋼材です。1000N/muを超える鋼材を、超高張力鋼といいます。高張力鋼と普通鋼、特殊鋼の意味も併せて理解したいですね。特に、普通鋼の種類も覚えましょう。下記の記事が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 高張力鋼とは?1分でわかる意味、規格、ヤング率、定義