1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材のplとは?1分でわかる意味、鋼板とフラットバーの違い、規格、重量

鋼材のplとは?1分でわかる意味、鋼板とフラットバーの違い、規格、重量

鋼材のplとは、「鋼板(こうはん)」のことです。図面では、PL-6のように厚みを示します。また幅や長さが分かるよう図示します。今回は鋼材のplの意味、鋼板とフラットバーの違い、規格、重量について説明します。


フラットバー(平鋼)の規格、意味、薄板(鋼板の1つ)の意味は、下記の記事が参考になります。

平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い

薄板とは?1分でわかる意味、読み方、溶接、厚板との違い、用途、規格

鋼材のplとは?

鋼材のplとは、「鋼板(こうはん)」のことです。鋼板とは、板状にした鋼材を意味します。プレートともいいます。記号のplは、英語のPlateを略しています。「板」は、厚みに対して幅や長さが十分に大きい物です。鋼板のサイズ(厚み、幅や長さ)は、JISG3193に規定されます。


鋼板には、下記の種類があります。


薄板

厚板


薄板は3mm未満の鋼板です。厚板は、3mm以上の鋼板です。薄板の意味は、下記が参考になります。

薄板とは?1分でわかる意味、読み方、溶接、厚板との違い、用途、規格


鋼板を図面に描くとき、「pl-6」のように厚み示します。さらに幅や長さが分かるよう図示します。鋼板は、鉄骨部材の接合部でよく使います。例えば、小梁を留めるガセットプレートがあります。記号で「GPL」と書きます。


例えば、下図のようにplの厚みを書きます。

ガセットプレートの意味は、下記が参考になります。

ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み

鋼板とフラットバーの違い

鋼板とフラットバーの違いを、下記に整理しました。


鋼板 ⇒ 板状にした鋼材のこと。厚みに対して、幅や長さが十分に大きい部材。

フラットバー(平鋼) ⇒ 細長い板状の鋼材のこと。JISg3194の規格より、最大幅で500mmだが長さは3.5m以上もある。長方形の棒に近いので、「棒鋼」に分類されることも多い。


平鋼の特徴は、下記が参考になります。

平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い


フラットバーは、長さに対して幅が狭い鋼材です。板というより、長方形の棒といえます。一方、鋼板は、厚みに対して「長さと幅」の両方が十分に大きいものです。よって、フラットバーと鋼板は記号でも使い分けます。


鋼板 ⇒ PL

フラットバー ⇒ FB

鋼板の規格と重量

鋼板のサイズは、JISG3193に規定があります。ただし、各鋼材メーカーによる製造可能長さ(幅)があります。製造可能長さ、幅を下記に示します(幅×長さです)。


914×1829

914×2438

914×3048

914×6096

914×9200

1219×1829

1219×2438

1219×3048

1219×6096

1219×9200

1219×1829

1524×2438

1524×3048

1524×6096

1524×9200


材質の規格は、鋼材の種類によります。鋼材の種類は、下記をご確認ください。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号


鋼板は製造可能サイズを、必要な大きさに切断して使います。よって、サイズや重量の規格は無いです。厚みの規格はありますので、平米当たりの重量を下記に示し舞うs。

鋼板の重量

まとめ

今回は鋼材のplの意味、鋼板とフラットバーの違いについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。Plは鋼板を意味します。鋼板は、板状の鋼材ですね。鋼板の意味、フラットバーの違いを理解しましょう。下記の記事も参考にしてください。

平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材のplとは?1分でわかる意味、鋼板とフラットバーの違い、規格、重量