1. HOME > 鋼構造の基礎 > 平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い

平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い

平鋼とは、厚みに対して幅や長さが大きい鋼材です。簡単に言うと、平べったい鋼板のことです。平鋼は、フラットバーともいいます。今回は、平鋼の意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違いについて説明します。※鋼材には沢山の種類があります。下記の記事が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

平鋼とは?

平鋼とは、厚みに対して幅や長さが大きい鋼材のことです。下図に平鋼を示しました。

平鋼

平鋼は、「平べったい鋼材(鋼板)」だと覚えてくださいね。

平鋼の規格

平鋼の規格について、重量、幅、厚さ、化学成分、機械的性質に分けて整理しました。

重量と幅、厚さ

平鋼の重量、幅、厚さを整理しました(※標準長さは5〜6m程度)。重量下式で計算します。

平鋼の重量

平鋼の規格

例えば、厚さ4.5mmで幅22mmの平鋼の重量は、

です。※鋼の単位体積重量は、下記が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

機械的性質

平鋼はss400だけでなく、sn400材も適用できます。※今回はss400の機械的性質を示しました。

平鋼の機械的性質

Sn400aおよびsn400bなどの規格は、下記が参考になります。

SS,SN,SM材

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

化学成分

今回はss400の化学成分を示しました。

平鋼の化学成分

Sn400aおよびsn400bなどの規格は、下記が参考になります。

SS,SN,SM材

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

平鋼の読み方

平鋼は「ひらこう」と読みます。下記に、鋼材の読み方を整理しました。


平鋼 ⇒ ひらこう

形鋼 ⇒ かたこう

h形鋼 ⇒ えいちがたこう


その他の鋼材は、下記を参考にしてください。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

平鋼とフラットバーの違い

平鋼とフラットバーは同じ意味です。実務では、フラットバーということが多いです。単純に「フラットバー」が言いやすいので、実務で使われやすいと考えます。

平鋼の使い方

平鋼は、主に接合部のプレートや仕上げ材として使います。階段の根太に平鋼を使うこともあります(階段の根太はアングルが普通です)。

まとめ

今回は、平鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。平鋼は接合部のプレート、添え板など、色々な場面で使います。実務ではフラットバーということが多いです。覚えておきましょう。平鋼の材質は、ss400だけでなくsn400材でも使えます。下記の記事を参考にしてくださいね。

SS,SN,SM材

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い