1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材の基準強度とは?1分でわかる意味、F、許容応力度との関係
スポンサーリンク

鋼材の基準強度とは?1分でわかる意味、F、許容応力度との関係

鋼材の基準強度とは、告示2464号に規定される「鋼材の許容応力度などの規準となる強度」です。鋼材の許容応力度は、基準強度を元に算定します。基準強度の記号はFで、鋼材の材質毎にFの値は変わります。ss400のF=235N/muですがSS490はF=325です。今回は鋼材の基準強度の意味、F、許容応力度との関係について説明します。鋼材の許容応力度、材料強度の意味は下記が参考になります。

鋼材の許容応力度は?1分でわかる意味、安全率と長期、短期と求め方、ss400の値

材料強度がわかるたった2つのポイントと、許容応力度の関係

鋼材の基準強度とは?

鋼材の基準強度とは、告示2464号に規定される「鋼材の許容応力度、材料強度の規準になる強度」です。例えば、鋼材の長期の許容応力度(引張)=F/1.5のように表します。Fが基準強度です。基準強度Fは、鋼材の材質毎に変わります。ss400のF=235、ss490のF=325です。鋼材の許容応力度、材料強度の意味は下記が参考になります。

鋼材の許容応力度は?1分でわかる意味、安全率と長期、短期と求め方、ss400の値

材料強度がわかるたった2つのポイントと、許容応力度の関係

鋼材の基準強度とFの関係

下表をみてください。鋼材の基準強度をまとめました。


鋼材の基準強度1

鋼材の基準強度2

鋼材の基準強度3


上図のように、鋼材の基準強度は「材質毎」「板厚」で変わります。板厚が厚いほど基準強度の値は小さいです。

また「○○400」より「○○490」の方が、基準強度が大きいです。

鋼材の基準強度と許容応力度の関係

鋼材の許容応力度は、基準強度Fを用いた式で表します。

鋼材の許容応力度(長期)

圧縮、引張り、曲げ F/1.5

せん断 F/1.5√3

長期荷重に対しては上記の許容応力度を使います。長期荷重とは、建物の自重や人や物の重さです。基準強度Fを1.5で割ります。1.5を安全率といいます。

安全率ってなに?色んな材料の安全率と降伏強度との関係

鋼材の許容応力度(短期)

圧縮、引張り、曲げ F

せん断 F/√3

短期荷重に対しては上記の許容応力度を用います。短期荷重は、地震や台風など短期的に発生する荷重です。短期の許容応力度は、基準強度Fと同じ値です。ただし、せん断に対しては√3で割った値とします。

鋼材の許容応力度については下記が参考になります。

鋼材の許容応力度は?1分でわかる意味、安全率と長期、短期と求め方、ss400の値

まとめ

今回は鋼材の基準強度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鋼材の基準強度は、許容応力度や材料強度の規準になる強度です。許容応力度はF/1.5のように表します。基準強度の記号はFです。許容応力度、材料強度の求め方は下記が参考になります。

鋼材の許容応力度は?1分でわかる意味、安全率と長期、短期と求め方、ss400の値

材料強度がわかるたった2つのポイントと、許容応力度の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

2級建築士計算問題解説集

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材の基準強度とは?1分でわかる意味、F、許容応力度との関係