建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度

SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


SN490Bは、建築構造用圧延鋼材の1つです。主に、建物の梁として利用します。また、柱に使うこともあります。今回は、SN490Bの意味や規格、SN490C やSM490Bとの違い、密度、比重、JIS G 3136について説明します。

SN490Cの詳細、規格は下記が参考になります。

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

SN490Bとは?

SN490Bは建築構造用圧延鋼材の1つです。名前の通り、建物の梁や柱に使う鋼材です。強度が高いので、比較的高さのある建物や荷重が大きな建物に利用します。平屋建てなど軽微な鉄骨造では使わない鋼材です。


SN490Bは、SN400Bより強度が高くなった鋼材と考えればよいでしょう。強度は高いですが、ヤング係数は同じなので剛性が変わらないことに注意します。SN490Bのメリット・デメリットを下記に整理しました。

SN490Bを使うメリット

・SN400Bに比べて強度が高い

SN490Bを使うデメリット

・SN400Bと剛性は同じ(変形が厳しい場合、メリットが無い)

・幅厚比の規定が厳しくなる

・横補剛の規定が厳しくなる

・保有耐力接合、継手、仕口など接合部が大きくなる


以上の通り、SN490Bは案外使うデメリットが大きい鋼材です。基本的にSN400Bを使いますが、どうしてもSN400Bでは耐力が足らない場合い限り使うとよいでしょう。SN400Bの規格は、下記が参考になります。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

SN490Bの規格、密度、比重

下記にSN490Bの機械的性質の規格を示します。なお、SN490Bの密度、比重は78.5kN/m3です。


SN490Bの規格


SN490Bの密度


SN490Bの比重

建築構造用圧延鋼材とSN490Bの関係

SN490Bは建築構造用圧延鋼材の1つです。下図に建築構造用圧延鋼材とSN490Bの関係を示しました。

建築構造用圧延鋼材とSN490B


SN490Bの他に、SN材とつく材料は4つあります。

SN490BとJIS G 3136

SN490BはJIS規格品です。建築構造用圧延鋼材として、JIS G 3136に規定されています。

SN490BとSM490Bの違い

SN490BとSM490Bの大きな違いは、塑性設計を考慮しているか否かです。SN材は、降伏比、シャルピー衝撃係数など建物の変形性能を意識した鋼材です。


一方SM490Bは、溶接性に特化した鋼材で、前述した塑性設計を考慮した材料ではありません。現在、建築でSM490Bはほとんど使いません。使うメリットが無いからです。ただし、機械・プラントなど他業界ではまだまだ需要があります。

まとめ

今回はSN490Bについて説明しました。SN490Bの規格など理解頂けたと思います。SN490Bは高い強度を誇りますが、その反面構造的なデメリット(注意点)が多いことも覚えておきたいですね。下記も併せて勉強しましょうね。

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

SS,SN,SM材

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事