1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨ブレースとは?1分でわかる意味、重量鉄骨、特徴、形状、マンサード形

鉄骨ブレースとは?1分でわかる意味、重量鉄骨、特徴、形状、マンサード形

鉄骨ブレースとは、鉄骨部材によるブレースです。普通、ブレースは「鉄骨ブレース」のことをいいます(コンクリートブレースは無いからです)。よって、単にブレースと言うことが多いですが、既存RC建築物の耐震補強を行う際、「鉄骨ブレース補強」といいます。今回は、鉄骨ブレースの意味、重量鉄骨との関係、特徴、ブレースの形状、マンサード形について説明します。


※ブレース構造、アンボンドブレースの意味は、下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?

座屈拘束ブレースってなに?

鉄骨ブレースとは?

鉄骨ブレースとは、鉄骨部材によるブレースです。そもそも、「ブレース」は鉄骨造にのみ、使う用語です。鉄筋コンクリート製のブレースが無いからです。よって、鉄骨造に使うブレースを、あえて「鉄骨ブレース」とは言いません。


一方、RC造の既存建築物に耐震補強でブレースを設ける場合、鉄骨ブレースといいます。既存躯体(RC造)と、新設部材(補強用の鉄骨ブレース)の材質が異なるからです。

鉄骨ブレースの特徴

RC造の既存建築物を耐震補強するとき、鉄骨ブレースを用いることがあります。RCによる補強と比べて、開口部を塞がない工法が可能です(ブレースの形状による)。


また、建物の外から工事を行う工法もあり、建物を使いながら耐震補強も可能です。一方で、コストがかかるデメリットもあります。

鉄骨ブレースと重量鉄骨の関係

鉄骨ブレースは、主に重量鉄骨を使います。ブレース材に使う重量鉄骨は、


山形鋼

溝形鋼

鋼管

H形鋼


など色々あります。所定の耐力を満足すること、ブレース接合部の納まりを考慮して、どの部材を使うか決めます。


比較的規模の小さな建物では、山形鋼や溝形鋼を使います。規模が大きくなると、鋼管やH形鋼などを用います。耐震補強では、H形鋼を使うことも多いです。


※山形鋼、溝形鋼、鋼管、H形鋼の特徴は、下記の記事が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方

鉄骨ブレースの形状、マンサード形とは

鉄骨ブレースは、色々な形状が採用されます。耐震補強では、開口部を上手に残すためマンサード形というタイプも使われます。鉄骨ブレースの形状を下記に整理しました。


X形ブレース

V形ブレース

K形ブレース

マンサード形ブレース

まとめ

今回は鉄骨ブレースについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄骨ブレースは、鉄骨部材によるブレースです。鉄骨造では単にブレースといいます。RC造の既存建築物に対して耐震補強を行う場合、鉄骨ブレースといいます。ブレース構造の特徴も併せて参考にしてくださいね。下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨ブレースとは?1分でわかる意味、重量鉄骨、特徴、形状、マンサード形