1. HOME > 鋼構造の基礎 > 水平ブレースとは?1分でわかる意味、役割、剛床との関係、位置

水平ブレースとは?1分でわかる意味、役割、剛床との関係、位置

水平ブレースは、屋根や床面に配置するブレースのことです。壁面に配置するブレースを鉛直ブレースといいます。今回は、水平ブレースの意味、役割、ブレースと剛床の関係、ブレースの取り付け位置について説明します。なお、ブレースについては下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?

水平ブレースとは?

水平ブレースは、屋根面や床面に配置するブレースです。屋根や床に配置するブレースは水平方向に向いているので、水平ブレースといいます。


水平ブレースは、水平力を伝達する目的があります。よって、屋根や床が水平力を伝達できる「スラブ」の場合、水平ブレースは不要です。スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

下図をみてください。鉄骨造の梁伏図をイメージしました。床はALC版とします。

梁伏図

鉄骨造で屋根や床をALC版とするとき、水平ブレースで水平力を伝達します。ALC版はスラブに比べて強度が低く、一体化していないため、力が伝達できません。よって水平ブレースが必要です。※ALC版については下記の記事が参考になります。

ALC床とは?1分でわかる意味、欠点、荷重、厚さ

水平ブレースの役割

水平ブレースの役割は、水平力を伝達することです。下図をみてください。屋根の梁伏図で、ブレースを入れていません。矢印の方向に力が作用したとき、屋根面の梁や柱は大きく変形しそうです。

屋根面に水平ブレースを入れない場合

力が上手く伝わらない、ということです。一方、屋根にブレースを配置すれば、屋根面がガチッと固まって、水平力に抵抗できますね。

水平ブレースと剛床の関係

水平ブレースを入れる役割は、屋根面または床面を固く(剛にする)ことです。これを専門用語で「剛床」といいます。


建物の構造計算では、地震力などが作用するとき、屋根や床が、他の部材に比べて十分に固い、という仮定をします。これを剛床仮定といいます。


剛床仮定をすることで、比較的簡単に構造計算ができること、水平力を一様に伝達することが可能です。

水平ブレースの位置

水平ブレースは梁の高さ方向の位置に注意して留めましょう。一般的に梁はH形鋼を使うので、上フランジまたは下フランジ、ウェブに取り付くことがあります。


ウェブに水平ブレースを留める場合、ウェブが曲がらないよう、リブプレートで補強を行います。リブプレートについては下記の記事が参考になります。

スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的

まとめ

今回は水平ブレースについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。水平ブレースの役割は、屋根面や床面を剛(ごう)にすることです。鉄骨造でALC版、折板を使う場合は必ず配置するので、覚えて下さいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 水平ブレースとは?1分でわかる意味、役割、剛床との関係、位置