1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の公称断面積は?1分でわかる意味、規格、計算値との違い
スポンサーリンク

鉄筋の公称断面積は?1分でわかる意味、規格、計算値との違い

鉄筋の公称断面積とは、規格により定められた鉄筋の断面積です。鉄筋コンクリート部材の断面算定は、公称断面積を用います。今回は、鉄筋の公称断面積の意味、規格、計算値との違いについて説明します。鉄筋のサイズと規格、鉄筋の断面積は下記が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋の公称断面積は?

鉄筋の公称断面積とは、規格により定められた鉄筋の断面積です。鉄筋の断面積は、計算して求める値ではなく、決まった値です。鉄筋コンクリート部材の構造計算では、公称断面積を用います。鉄筋の断面積は、下記も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

公称断面積の読み方

公称断面積は、「こうしょうだんめんせき」と読みます。関係用語の読み方は、下記です。


公称直径 ⇒ こうしょうちょっけい

公称周長 ⇒ こうしょうしゅうちょう


鉄筋の公称直径、呼び径の関係は、下記が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋の公称断面積と規格

鉄筋の公称断面積の規格を下記に示します。


D10 71mu

D13 127mu

D16 199mu

D19 287mu

D22 387mu

D25 507mu

D29 642mu

D32 794mu

D35 957mu

D38 1140mu

D41 1340mu

D51 2027mu


なお、鉄筋のサイズと、その他の規格は下記が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋の公称断面積と計算値の違い

鉄筋の公称断面積と、計算による断面積の値は全く違います。下図をみてください。鉄筋は表面にリブが付きます。D10のリブを含めた最外径は11mm、実際の直径は9.53mmです。

鉄筋の公称断面積と計算値の違い

直径が10mmの棒として計算した値と、直径9.53かつリブのついた棒では、断面積の値が違いますよね。実際、D10の公称断面積は71muで、計算値は78.5muです。


鉄筋の断面積は、下記の記事も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

まとめ

今回は鉄筋の公称断面積について説明しました。意味が理解頂けたと思います。公称断面積は、規格により定められた鉄筋の断面積です。鉄筋コンクリート部材の構造計算では、公称断面積を用います。鉄筋の表面にはリブがあり、単純に円の断面積を求めても、公称断面積と一致しません。鉄筋のサイズと規格、鉄筋の断面積など下記も併せて勉強しましょうね。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の公称断面積は?1分でわかる意味、規格、計算値との違い