1. HOME > 構造計算の基礎 > 出隅とは?1分でわかる意味、読み方、入隅との違い、スラブの構造補強

出隅とは?1分でわかる意味、読み方、入隅との違い、スラブの構造補強

出隅とは外側に向いた隅部です。入隅は、内側に向いた隅部です。出隅は「ですみ」、入隅は「いりすみ」と読みます。建築業界で、一般的に使う用語です。今回は出隅、入隅の意味、違い、読み方、出隅スラブや入隅スラブの構造補強について説明します。※スラブは下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

出隅とは?

出隅とは、外側に向いた隅部です。下図をみてください。左の絵が出隅で、右の絵が入隅です。言葉の意味だけだと、混同しやすいですが、図で覚えれば忘れませんね。

出隅と入隅

出隅と入隅の読み方

出隅と入隅の読み方を下記に示します。


出隅 ⇒ ですみ

入隅 ⇒ いりすみ

出隅部 ⇒ ですみぶ

入隅部 ⇒ いりすみぶ


よく使う用語なので、読み方を間違えないよう注意してくださいね。

出隅と入隅の違い

出隅と入隅の違いを下記に整理しました。


出隅 ⇒ 角が外側に向いた部分(隅部)

入隅 ⇒ 角が内側に向いた部分(隅部)


出隅は、出っ張っている部分、入隅は凹(へこ)んでいる部分と覚えてくださいね。

出隅スラブと入隅スラブの構造補強

出隅スラブと入隅スラブは、片持ちスラブになりやすい部分です。一番良いのは、片持ち梁をいれて、スラブを受けることです(下図に示します)。

出隅スラブと片持ち梁

ただし、片持ち梁が邪魔になる等の理由で、出隅スラブや入隅スラブを片持ちスラブにすることも多いです。特別な補強が必要です。※片持ちスラブは下記の記事が参考になります。

片持ちスラブとは


特に出隅スラブは注意が必要です。そこで、片持ち形状の出隅スラブは、柱周りのスラブを、柱幅分の片持ち梁として配筋を計算します。補強筋として、柱幅いっぱいに配筋されます。また、出隅部は多めに配筋をいれます。

出隅スラブの構造補強

出隅スラブの構造補強2

まとめ

今回は出隅、入隅について説明しました。意味が理解頂けたと思います。出隅は、外側に向いた隅部、入隅は内側に向いた隅部です。出隅と入隅の違いは混同しやすいので、図で覚えるようにしましょうね。また、出隅スラブや入隅スラブは片持ちスラブになることが多いです。構造的に弱い部分になりやすいので、安全性の確認が必要です。意匠関係の皆様も、是非、そのことを念頭に設計をするといいですね。※スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 出隅とは?1分でわかる意味、読み方、入隅との違い、スラブの構造補強