1. HOME > 構造計算の基礎 > 境界条件とは?1分でわかる意味、種類と例、はりとの関係

境界条件とは?1分でわかる意味、種類と例、はりとの関係

境界条件とは、建築や物理では、端部の拘束条件を意味します。境界条件を指定し、応力解析や変形解析などを行います。境界条件が変われば、応力や変形に影響します。はりの計算は、「荷重」と「境界条件」の2つが重要です。


構造力学では、支持条件や支点条件ともいいます。今回は、境界条件の意味、種類と例、境界条件とはりの関係について説明します。※支持条件は、下記の記事が参考になります。

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について

境界条件とは?

境界条件とは、端部の拘束条件のことです。構造力学や物理学では、変形を拘束する条件です。例えば、境界条件の1つに「固定」があります。端部を固定した場合、水平、鉛直方向、回転方向の変形を拘束します。


構造力学では、境界条件のことを支持条件(支点条件)ともいいます。下記の記事が参考になります。

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について


境界条件が変わるだけで、応力や変形に大きく影響します。例えば、端部の境界条件が「固定」と「自由」では、結果が全く変わります。


境界条件は、はりの計算や座屈計算に関係します。はりの計算は下記の記事が参考になります。

梁のたわみを求める方法

梁の反力と、演習問題から学ぶ計算方法


座屈の計算は、下記の記事が参考になります。

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類

境界条件の種類と例

境界条件の種類と意味を下記に整理しました。


・固定 ⇒ 鉛直、水平方向、回転方向の変形を拘束する条件

・ピン ⇒ 鉛直、水平方向の変形を拘束する条件

・ローラー ⇒ 鉛直または水平方向の変形を拘束し、一方の変形を自由にした条件

・自由 ⇒ 変形を一切拘束しない条件

境界条件とはりの関係

はりの計算をするとき、境界条件が影響します。境界条件とはりの変形の影響を下記に示します。


下図をみてください。梁の両端を固定したとき、はりの変形は最も小さくなります。

固定端のはり

両端をピンにすると、回転を拘束しない分、固定とした境界条件より変形が大きいです。

両端ピンのはり

片側をローラー、片側をピンにすると、両端ピンの境界条件と変形は同じです。但し、水平方向に荷重が作用するとローラー支点は変形し、部材がのびます。

ローラー支点のはり

片側固定、片側自由にしたはりを、片持ち梁といいます。自由端は変形を一切拘束しません。最も変形が大きくなる境界条件です。

自由端のはり

はりの変形と境界条件の関係は、下記の記事が参考になります。

梁のたわみを求める方法

まとめ

今回は境界条件について説明しました。意味が理解頂けたと思います。境界条件は、端部の拘束条件です。建築では、はりなど、構造部材の計算に境界条件が必要です。境界条件の種類として、固定、自由、ピン、ローラーがあります。各条件の意味を理解してください。また、境界条件は「支持条件」ともいいます。下記の記事が参考になります。

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 境界条件とは?1分でわかる意味、種類と例、はりとの関係