1. HOME > 構造計算の基礎 > 内径の記号は?1分でわかる記号、φ、d、外径の記号との関係
スポンサーリンク

内径の記号は?1分でわかる記号、φ、d、外径の記号との関係

内径の記号はφやdを使います。φ、dは直径や外径を表す記号としても使います。今回は、内径の記号、φ、d、外径の記号との関係について説明します。内径、外径の意味は、下記が参考になります。

内径とは?1分でわかる意味、求め方、直径との関係、断面積との関係

外径とは?1分でわかる意味、図、直径との違い、円周の求め方


φの意味、使い方は下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

内径の記号は?

内径の記号は、


φ(ふぁい)

d(でぃー、Dとの区別をつけるため、すもーるでぃーとも読む)


を使います。下図をみてください。内径とφの記号を示しました。

内径 φ

構造部材に使う鋼管で「φ」は、主に外径を表します。構造部材は「どのくらいの大きさになるか」が大切です。φが内径を表しても意味がないのです。鋼管の特徴は、下記が参考になります。

一般構造用炭素鋼鋼管とは?1分でわかる意味、読み方、単位重量、規格


一方、スリーブ(設備用配管)は、菅の中に「どれだけの寸法があるか」が重要です。よって、スリーブに用いる鋼管のφは、内径を表します。スリーブの意味は、下記が参考になります。

スリーブってなに?梁のスリーブ位置や間隔、孔径、スリーブ補強

内径の記号とφ、dの関係

前述したように、内径の記号は、φやdを使います。φは外径と内径のどちらとも使います。直径や外径を表すときの記号にD(でぃー、らーじでぃー)があります。これと区別するため、内径の記号にd(でぃー、すもーるでぃー)を使います。


φ、D、dは直径の記号としても使います。下図をみてください。

内径の記号、φ、d


半径の記号と混同しないよう注意しましょう。半径の記号はrです。半径とrの関係は、下記が参考になります。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方

内径の記号、外径の記号

内径の記号、外径の記号を下記に示します。


内径の記号 ⇒ φ、d

外径の記号 ⇒ φ、D

まとめ

今回は内径の記号について紹介しました。理解頂けたと思います。内径の記号には、φやdを使います。φは外径、直径の記号としても使うので覚えてくださいね。また、Dは外径、dは内径という使い分けもあります。下記も併せて勉強しましょう。

内径とは?1分でわかる意味、求め方、直径との関係、断面積との関係

外径とは?1分でわかる意味、図、直径との違い、円周の求め方

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 内径の記号は?1分でわかる記号、φ、d、外径の記号との関係