1. HOME > 構造計算の基礎 > 大引と根太の違いは?1分でわかる違いと意味、木材、支保工との関係
スポンサーリンク

大引と根太の違いは?1分でわかる違いと意味、木材、支保工との関係

大引(おおびき)と根太(ねだ)は、木構造に使う部材です。根太の上は床板を張ります。よって根太は、床板及び床板の上に載る人や建物の重さを支えます。大引きは根太の下に配置される部材です。根太に作用する重さを支えます。さらに大引きは床束や土台と接続されます。今回は大引と根太の違い、意味、木材、支保工との関係について説明します。大引、根太の詳細は下記が参考になります。

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

大引と根太の違いは?意味

大引と根太の違いを下記に示します。なお大引と根太は木構造に使う部材です。


大引 ⇒ 1階の根太および根太に作用する重さを支える部材。一階より上階の根太を支える部材は床梁という

根太 ⇒ 床板および床板に作用する重さを支える部材


下図をみてください。大引と根太の関係を示しました。


大引


床板⇒根太⇒大引の順に配置されていますね。また、大引は床束や土台などと接合されます。大引、根太、土台の詳細は下記が参考になります。

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

土台とは?1分でわかる意味、基礎との違い、木造建築との関係

スポンサーリンク

大引と根太、木材との関係

一般的に、大引や根太は木構造の部材ですが、大引は「支保工」、根太は「鉄骨造」でも使う用語です。木材の根太や大引は長方形の部材ですが、鉄骨造の根太はL形断面の鋼材(アングル材)を使います。アングル材の意味、根太の詳細は下記をご覧ください。

建築のアングルとは?1分でわかる意味、使い方、意味、用途、チャンネルとの違い

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

大引と支保工との関係

鉄筋コンクリート造をつくるとき型枠が必要です。この型枠を支える部材に大引があります。下図に大引と支保工の関係を示しました。


大引と型枠


型枠と支保工、せき板の詳細は下記もご覧ください。

型枠とは?1分でわかる意味、種類、セパレーター、支保工との関係

せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間

まとめ

今回は大引と根太の違いについて説明しました。違いと意味が理解頂けと思います。大引は根太と根太に作用する重さを支える部材です。根太は床板及び床板に作用する重さを支えます。言葉の意味だけでなく、床板と根太、大引きの関係性を図で理解しましょう。下記も参考になります。

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 大引と根太の違いは?1分でわかる違いと意味、木材、支保工との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事