1. HOME > 構造計算の基礎 > 梁床とは?1分でわかる意味、読み方、根太床との違い、床組みとの関係

梁床とは?1分でわかる意味、読み方、根太床との違い、床組みとの関係

梁床(はりゆか)とは、床を根太と梁で支えるものです。根太だけで床を支えるものを、根太床といいます。今回は梁床の意味、読み方、根太床との違い、床組みとの関係について説明します。


梁床と似た用語に、床組み(ゆかぐみ)があります。床を支える骨組みを意味します。床組みは、下記の記事が参考になります。

床組とは?1分でわかる意味、構造、マンション、根太との関係

梁床とは?

梁床とは、根太と梁(小梁)で床を支えるものです。下図をみてください。根太の下に梁がありますね。これが梁床です。

梁床

床⇒根太⇒小梁(甲乙梁)⇒大梁(床梁)の順に力が伝わります。


普通、床の板厚は薄いので、それ自体では人の重さを支えられません。床下に根太を配置します。重さを支えるため、床を補強する部材です。根太の意味は、下記が参考になります。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太


ただし、根太もスパンが長くなると、重さを支えられません。そこで根太の下に小梁を配置します。


小梁、スパンの意味は下記が参考になります。

1分で分かる小梁の特徴と目的

スパンとは何か?


また、床や根太、小梁などで構成される骨組みを床組みといいます。床組みの詳細は、下記の記事が参考になります。

床組とは?1分でわかる意味、構造、マンション、根太との関係

梁床の読み方

梁床は、「はりゆか」と読みます。梁床に関係する用語の読み方を、下記に整理しました。


根太床 ⇒ ねだゆか

床組み ⇒ ゆかぐみ

梁床と根太床の違い

梁床と根太床の違いを下記に示します。


梁床 ⇒ 根太と小梁で床をささえるもの

根太床 ⇒ 根太だけで床をささえるもの


根太のスパンが長くなると、根太だけでは重さを支えられません。そこで根太を支える小梁を入れます。一方、根太のスパンが短ければ、根太だけで床の重さを支えられます。これが根太床です。


根太の意味は、下記が参考になります。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太


なお、床板が厚いほど根太の間隔は粗くて良いです。床板の耐力が大きいからです。逆に、床板が薄い場合、根太は細かくします。

梁床と床組みの関係

床組みは、床を構成する骨組みです。梁床も、床組みの1つです。床組みは、床から作用する力の流れを意識して造ります。根太、小梁の方向に注意します。例えば、根太を受ける小梁は、根太と直交に配置します。

まとめ

今回は梁床について説明しました。意味が理解頂けたと思います。梁床は、「はりゆか」と読みます。梁床と根太床の違い、床と根太、小梁に作用する力の流れを理解しましょう。下記の記事も参考してくださいね。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

床組とは?1分でわかる意味、構造、マンション、根太との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 梁床とは?1分でわかる意味、読み方、根太床との違い、床組みとの関係