1. HOME > 構造計算の基礎 > 方づえの基礎知識、1分でわかる意味と特徴

方づえの基礎知識、1分でわかる意味と特徴

方づえは構造部材の1つです。木造や鉄骨造の建物に使います。方づえを付けることで、梁や柱断面を小さくすることが可能です。また、横座屈止めとしても利用します。今回は、そんな方づえについて説明します。

方づえとは?

方づえは柱と梁に取り付ける斜め部材です。下図をみてください。これが方づえです。

方づえの意味

また、木造建物の屋根は下図のような小屋組みをつくります。昔の日本住宅は、和小屋といって、束材と梁による構成が一般的でした。しかし、西洋の文化が取り入られ、構造的にも有利な洋小屋が主流です。

洋小屋と方づえ

洋小屋は、束材と梁材、方づえで成り立ちます。トラスを構成することで、合理的に荷重を伝達できます。トラスについては、下記の記事が参考になります。

トラス構造ってなに?トラス構造の仕組みと計算方法


このように方づえは、力を合理的に流す目的があります。柱と梁だけの構造は、曲げモーメントが卓越しますが、方づえを付けるだけで支点間距離が短くなり曲げモーメントが小さくなります。

方づえの構造的特徴

方づえは言い換えれば、斜材です。斜材の構造的特徴は、「軸力しか作用しない」ということです。斜材の特徴は、下記の記事が参考になります。

トラス構造ってなに?トラス構造の仕組みと計算方法

ブレース構造とは何か?


また前述したように、方づえを設けることで梁の支点間距離が短くなります。下図をみてください。この構造物の支点間距離は、方づえ間距離です。

方づえと支点間距離

メリットは、梁と柱に作用する曲げモーメントが減ること。ただし、方づえに作用する軸力で梁と柱には別途曲げモーメントが作用します。注意しましょう。

方づえを使う目的

方づえを使う目的は、前述した洋小屋を構成するときや、梁の曲げモーメントを減らすことです。


もう1つは、横座屈の補剛材として、方づえを使います。方づえを使った横座屈補剛については、下記の記事が参考になります。

横補鋼材としての方杖


また、吊り材の振れ止めとしても使います。下図をみてください。

吊材と方づえ

吊材は、地震によって揺れます。揺れると危ないので、横方向の揺れ止めが必要です。この目的で方づえを設けます。

まとめ

今回は方づえについて説明しました。方づえの意味や特徴が分かって頂けたと思います。方づえは、荷重を効率的に伝える斜材だと覚えましょう。また方づえによる反力で、鉛直、水平成分に力が作用することも忘れないよう注意してください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 方づえの基礎知識、1分でわかる意味と特徴