1. HOME > 構造計算の基礎 > 鉄骨の塗装とは?1分でわかる種類、錆止め塗料の塗り方と種類

鉄骨の塗装とは?1分でわかる種類、錆止め塗料の塗り方と種類

鉄骨の塗料には色々な種類があります。一見、建築構造と無関係ですが、違います。鉄骨部材は錆びやすい材料だからです。よって、屋外で鉄骨素地の建築物は「溶融亜鉛メッキ」または「錆止め塗料」を行います。今回は、鉄骨の塗料と錆止め塗料について説明します。

鉄骨の塗装とは?

鉄骨の塗装は、主に2つの目的があります。

・錆止めのため(腐食防止)

・色を付けるため(見栄え)


鉄骨の塗料は、大まかに2つの種類があります。

・錆止め塗料

・合成樹脂調合ペイント(SOP)


錆止め塗料は、名前の通り錆止めの目的で行う塗料です。合成樹脂調合ペイントは、鋼材に色付けする目的です。合成樹脂調合ペイントは、「ペンキ」ともいいます。

鉄骨の塗料の種類

鉄骨の塗料の種類を錆止め塗料と、合成樹脂調合ペイントに分けて整理しました。

錆止め塗料

鉄骨面の錆止め塗料の種類は下記です。※後述する亜鉛メッキ鋼面の錆止め塗料と異なります。


鉛、クロムフリー錆止めペイント1種は、錆止め塗料A種といいます。A種は、屋外、屋内の両方で使えます。水系錆止めペイント、鉛・クロムフリー錆止めペイント2種は、錆止め塗料B種です。この2つは、屋内のみ利用可能です。


また1種は、溶剤系で2種は水系の塗料です。

亜鉛メッキ鋼面用の錆止め塗料

亜鉛メッキ鋼面用の錆止め塗料は、上記と異なります。

・A種 ⇒ 鉛酸カルシウム錆止めペイント(JISK5629)

・B種 ⇒ 変性エポキシ樹脂プライマー(JASS18M-109)

・C種 ⇒ 水系錆止めペイント(JASS18M-111)


A種は鉛酸カルシウム錆止めペイントです。「鉛、クロムフリー錆止めペイント」とは種類が違います。一級建築士の学科試験でも頻出する問題です。

合成樹脂調合ペイント(SOP)

合成樹脂調合ペイントは下記の2種類があります。

・1種(JISK5516)

・2種(JISK5516)


建築工事標準仕様書によれば、特に指定がなければ1種を使います。

まとめ

今回は鉄骨の塗料について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄骨の塗料は、錆止め塗料と、色付けをする目的のSOPがあります。2つの違いを理解してくださいね。建築構造上重要な塗料は、錆止め塗料です。塗料の種類や塗り方も理解すると良いですね。塗料の塗り方は下記の図書が参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 鉄骨の塗装とは?1分でわかる種類、錆止め塗料の塗り方と種類