1. HOME > 構造計算の基礎 > 土質柱状図とは何か?

土質柱状図とは何か?

これから新築住宅を建てるとき、『ボーリング調査』をされた方もいるかと思います。ボーリング調査は、地盤の状況を調べることが目的です。


地盤の状況とは、地盤の種類や強度、水位など。加えて、土質試験を行えば土の粒子の大きさ、土質強度、液状化の判断等も行います。


以上のように、ボーリング調査を一式行った結果を図面に表したものが『土質柱状図』です。土質柱状図は、建物の基礎設計を行うとき重要な図面です。


例えば、あなたの土地をボーリング調査しなければ、一体どの深さを基礎の位置にすれば良いのかわかりません。極端なことを言うと、一見強固な地盤のように思っても、数メートル下には沼のように悪い地盤が続くかもしれません。


これはボーリング調査をしなければ、分からないのです。繰り返しになりますが、土質柱状図は重要な図面なのです。


土質柱状図を詳しくひも解きましょう。一般の方が見ても良くわからない図面に見えます。しかし、ポイントは1つだけ。


N値を確認することです。土質柱状図はN値の確認とも言えます。Nは、折れ線グラフの横に描いてある数字です。例えば10と書いてあれば、N値=10と読めます。機会があれば、担当者にN値はいくつですか? と聞いてみましょう。『えっ』と驚くかもしれません。


次に重要なことは、土質の種類です。これは、左側に名称として書いてあります。例えば、『砂質土』とか『粘土』のように。


N値が大きいということは、強い地盤を意味します。強い地盤なら、基礎を小さくできます。基礎を小さくできれば、工事を安く抑えることができるのです。


今回は、土質柱状図について纏めました。一般の方なら、おおまかにN値がどうか、土質の種類がどうか確認しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 土質柱状図とは何か?