1. HOME > 材料力学の基礎 > せん断応力

せん断応力

せん断応力度を説明する場合、多くの教科書はボルトやリベット等を用いています。当サイトでも、説明しやすいので、その方法を使います。ところで、せん断力とは、「1組のずれ合う力」であったり、「物体の表面に平行して働く1組の力」と表現されます。よって、せん断応力度とは、作用するせん断力を面積当たりになおした値となります。


まず、図に示すようなボルトと板を考えます。

ボルトと板

この釣り合い状態で、ボルト内に作用している力を考えます。外力Pは同じ箇所に作用しているわけではなく、ボルトをずらすように作用させている外力です。さて、ボルトを無理やり切って応力を考えます。外力と、ボルト軸に作用する応力は釣り合う必要があるので(釣り合わなかったら、ボルトは破断しますよね。)、図のようなせん断力が作用していることになります。

ボルトに作用するせん断応力

よって、ボルト軸の断面積をAとすると、作用しているせん断応力度は

せん断応力度

となります。Qはせん断力、Aは断面積で、τ(タウ)は一般的にせん断応力度を表す記号なので、覚えておくと良いでしょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 材料力学の基礎 > せん断応力