1. HOME > 構造計算の基礎 > 安全上等重要である建築物の部分とは?1分でわかる意味、主要構造部、構造耐力上主要な部分との違い

安全上等重要である建築物の部分とは?1分でわかる意味、主要構造部、構造耐力上主要な部分との違い

安全上等重要である建築物の部分は、建築基準法施行令144条の3に規定される部分です。安全上、防火上、又は衛生上重要である建築物の部分と定義されます。今回は安全上等重要である建築物の部分の意味、主要構造部、構造耐力上主要な部分との違いについて説明します。


※主要構造部、構造耐力上主要な部分の意味は、下記の記事が参考になります。

主要構造部とは?1分でわかる意味、種類、基礎や天井の扱い、耐火

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

安全上等重要である建築物の部分とは?

安全上等重要である建築物の部分とは、建築基準法施行令144条の3に規定される部分です。※建築基準法施行令の意味は、下記の記事が参考になります。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則


安全上等重要である建築物の部分とは、具体的に下記と定義されます。


・構造耐力上主要な部分で、基礎及び主要構造部以外のもの

・耐火構造、準耐火構造または防火構造の構造部分で主要構造部以外のもの

・第109条に定める防火設備またはこれらの部分

・建築物の内装または外装ン部分で安全上または防火上重要であるものとして国土交通大臣が定めるもの

・主要構造部以外の間仕切壁、揚げ床、最下階の床、小ばり、ひさし、局部的な小階段、屋外階段、バルコニーなど、防火上重要な部分

・建築設備またはその部分


上記のように、主要構造部以外の部分で、「安全上等重要である建築物の部分」が定義されています。例えば、最下階の床(1階の床)やバルコニーがあります。


なお、144条の3に規定される「安全上等重要である建築物の部分」は、建築基準法第37条に明記されています。


第37条は、建築材料の品質が定義されています(指定建築材料など)。よって、安全上等重要である建築物の部分も、第37条が適用されます(当たり前ですが、不適切な材料は使えません)。


※指定建築材料の意味は、下記の記事が参考になります。

指定建築材料とは?1分でわかる意味、材料の一覧、JIS、あと施工アンカー

安全上等重要である建築物の部分と主要構造部の違い

安全上等重要である建築物の部分と、主要構造部の違いを下記に示します。


安全上等重要である建築物の部分 ⇒ 施行令144条の3に規定。構造耐力上主要な部分を全て含む。

主要構造部 ⇒ 壁、柱、床、はり、屋根、階段など(法2条1項5号に規定)


※主要構造部は下記の記事が参考になります。

主要構造部とは?1分でわかる意味、種類、基礎や天井の扱い、耐火

安全上等重要である建築物の部分と構造耐力上主要な部分との違い

安全上等重要である建築物の部分と、構造耐力上主要な部分の違いを下記に示します。


安全上等重要である建築物の部分 ⇒ 令144条の3に規定される部分。構造耐力上主要な部分の全ておよび、防火上、衛生上重要な部分を含む

構造耐力上主要な部分 ⇒ 荷重を負担する部材(令1条三号に規定される部分)


構造耐力上主要な部分の意味は、下記の記事が参考になります。

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

まとめ

今回は安全上等重要である建築物の部分について説明しました。意味が理解頂けたと思います。令144条の3に規定される部分でしたね。構造耐力上主要な部分の全てと、防火上、衛生上重要な部分を含みます。主要構造部の意味も、併せて参考にしてくださいね。

主要構造部とは?1分でわかる意味、種類、基礎や天井の扱い、耐火

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 安全上等重要である建築物の部分とは?1分でわかる意味、主要構造部、構造耐力上主要な部分との違い