1. HOME > 鋼構造の基礎 > s10tとは?1分でわかる意味、規格、重量、ピンテール、jisとの関係
スポンサーリンク

s10tとは?1分でわかる意味、規格、重量、ピンテール、jisとの関係

s10tは、トルシア型高力ボルトを表す記号です。高力ボルトには、色々な種類がありますが、最も一般的に使う高力ボルトです。今回はs10tの意味、規格、重量、ピンテール、jisとの関係について説明します。


高力ボルトの意味、トルシア型高力ボルトの特徴は、下記の記事も参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

トルシア形高力ボルトとは?1分でわかる意味、特徴、重量、長さ、メーカー

s10tとは?

s10tは、トルシア型高力ボルトを表す記号です。下図をみてください。これがs10tです。

トルシア型ボルト

s10tは、頭付きナットの部分が、「丸み」をおびています。一方、f10tという高力六角ボルトは、名前の通り、ナットが六角形です。


トルシア型高力ボルトの特徴は、下記の記事も参考になります。

トルシア形高力ボルトとは?1分でわかる意味、特徴、重量、長さ、メーカー


また、s10tとf10tではボルトの締め付け方法が違います。下記に示します。


s10t ⇒ トルクコントロール法

f10t ⇒ ナット回転法


トルクコントロール法は、ボルトの締め付けに必要な「トルク」を管理します。ナット回転法に比べて、精度よく引張力を導入できます。トルクコントロール法、ナット回転法の意味は、下記が参考になります。

トルクコントロール法とは?1分でわかる意味、手順、トルク値、本締め

ナット回転法とは?3分でわかる施工方法と特徴

s10tの規格

s10tの規格を下記に示します。

一部、f10tと書いてありますが、値はs10tと同じです。

s10tの重量

s10tの重量を下記に示します。

ボルトの重量

s10tとピンテールの関係

s10tをみてください。ナットの下側にピンテールが付いています。

トルシア型ボルト

s10tを締め付ける方法はトルクコントロール法です。これは、ピンテールがねじ切れるまでトルクを導入する方法です。


ナット回転法のように、締め付け角度を意識する必要が無いので簡単です。トルクコントロール法の詳細は、下記が参考になります。

トルクコントロール法とは?1分でわかる意味、手順、トルク値、本締め

s10tとjisの関係

s10tは、jisに規定されない材料です。その代わり、各ボルトメーカーが大臣認定品を取得しています。なお、f10tはjis規格を取得しています。f8tは大臣認定品です。


F10t、f8t(溶融亜鉛メッキ高力ボルト)の特徴は下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

溶融亜鉛メッキ高力ボルトとは?1分でわかる意味、規格、f10tとの違い

まとめ

今回はs10tについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。s10tは、トルシア型高力ボルトの記号です。高力六角ボルトの記号をf10t、溶融亜鉛めっき高力ボルトの記号をf8tといいます。s10tの意味、特徴、f10tとの違いを理解しましょうね。下記も併せて勉強しましょう。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

トルシア形高力ボルトとは?1分でわかる意味、特徴、重量、長さ、メーカー


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > s10tとは?1分でわかる意味、規格、重量、ピンテール、jisとの関係