1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溶融亜鉛メッキ高力ボルトとは?1分でわかる意味、規格、f10tとの違い

溶融亜鉛メッキ高力ボルトとは?1分でわかる意味、規格、f10tとの違い

溶融亜鉛メッキ高力ボルトとは、溶融亜鉛メッキを施した高力ボルトです。溶融亜鉛メッキとは、「錆止め材」と考えてください。亜鉛を溶かしたものを鋼材に塗布し、メッキ処理します。今回は溶融亜鉛メッキ高力ボルトの意味、規格、f10tの違い、設計施工指針について説明します。なお、溶融亜鉛メッキの意味は、下記の記事が参考になります。

溶融亜鉛メッキとは?

溶融亜鉛メッキ高力ボルトとは?

溶融亜鉛メッキ高力ボルトは、溶融亜鉛メッキを施した高力ボルトです。溶融亜鉛メッキは、錆止めとして効果的なので、外部に露出する鉄骨部材に使います。溶融亜鉛メッキ高力ボルトは、普通の高力ボルトと比べて、強度が低いです。また、六角ボルトのみ対応しています。


溶融亜鉛メッキ高力ボルトの等級として、

があります。


溶融亜鉛メッキ高力ボルトはJISに規格されない材料です。そのため、各メーカーが大臣認定を取得しています。各社の設計施工指針、施工管理要領に沿って、使うことが可能です。


なお、鉄骨部材の保有耐力接合を行う時、scss-h97を参考にします。これはs10t、f10tに対応した仕様のため、f8tで保有耐力接合となるか確認が必要です。※scss-h97は下記の記事が参考になります。

scss-h97とは?1分でわかる意味、目的、梁継手、柱継手、保有耐力接合

溶融亜鉛メッキ高力ボルトの規格

溶融亜鉛メッキ高力ボルトの規格は、s10tやf10tの高力ボルトと比べて、強度が落ちます。せん断耐力が大きい部材に使う時、注意してください。下記に、機械的性質と耐力について紹介します。

機械的性質

機械的性質を下表に示します。

機械的性質

呼び径、せん断耐力、引張耐力

溶融亜鉛メッキ高力ボルトの呼び径、耐力を下図に示します。

耐力

溶融亜鉛メッキ高力ボルトとf10tの違い

溶融亜鉛メッキ高力ボルトのf8tとf10tの違いを下記に整理します。


f8t ⇒ 溶融亜鉛メッキ高力ボルトの等級

f10t ⇒ 一般的な高力ボルトの等級。ただし、実際の建物ではトルシア型高力ボルトのS10tを使う。f10tよりも、導入張力の管理が行いやすい。


※高力ボルトは、下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

まとめ

今回は溶融亜鉛メッキ高力ボルトについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。溶融亜鉛メッキ高力ボルトは、溶融亜鉛メッキを施した高力ボルトです。錆を防ぐため、外気にさらされる高力ボルトに使います。溶融亜鉛メッキ高力ボルトの特徴、f10Tの違いを理解しましょう。また、溶融亜鉛メッキ高力ボルトの特性も理解してくださいね。下記の記事が参考になります。

溶融亜鉛メッキとは?

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溶融亜鉛メッキ高力ボルトとは?1分でわかる意味、規格、f10tとの違い