1. HOME > 鋼構造の基礎 > 高力ボルトのゲージは?1分でわかる意味、ピッチとの関係、規定

高力ボルトのゲージは?1分でわかる意味、ピッチとの関係、規定

高力ボルトのゲージとは、ボルトを2列並べたときの、ボルト列と列との間の距離です。似た用語で、ピッチがあります。ピットは、応力方向に並ぶボルト芯間距離です。今回は高力ボルトのゲージの意味、ピッチとの関係、規定について説明します。※高力ボルト、高力ボルトの配置は下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

高力ボルトの配置について

高力ボルトのゲージは?

高力ボルトのゲージは、ボルトを2列並べたときの、ボルト列と列の間の距離です。下図を見てください。

高力ボルトのゲージ

高力ボルトは、通常、応力が作用する方向に対して平行となる方向に並べます。高力ボルトが1列で足りないとき、2列とします。ゲージとは、応力方向に対して直交する方向の、ボルト芯距離ともいえます。

高力ボルトのゲージの規定、ピッチとの関係

高力ボルトのゲージ、ピッチは、


ボルト径の2.5倍以上


とします。ただし、実務ではピッチ、ゲージ共に、


60mm


とします。60mmとしておけば、高力ボルトの径を27mm以上としない限り、ピッチやゲージの値を計算で考える必要は無いですね。


※高力ボルトの配置は下記の記事も参考になります。

高力ボルトの配置について

高力ボルトのゲージの決め方

高力ボルトが2列必要になる場合は、下記のケースがあります。


応力が大きい

曲げモーメントを負担する


高力ボルトに生じるせん断力が大きいとき、高力ボルトを2列にします。2列にすると、ゲージ距離を確保します。ゲージの値は、高力ボルトの径で決めます。基本的に60mmです。


また、曲げモーメントを負担する場合もあります。ゲージ距離を大きくするほど、曲げモーメントに抵抗できます。テコの原理を思い出してください。腕の長さを大きくする方が、小さな力で、物を持ち上げられます。


これと同じで、曲げモーメントに対して、ゲージ距離を長くする方が、高力ボルトに作用するせん断力が小さくなります。


ゲージの値を決める時、高力ボルトに生じるせん断力が小さくなるよう決定します。

まとめ

今回は高力ボルトのゲージについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。ゲージは、高力ボルトを2列並べた時の、高力ボルトの列と列間の距離です。似た用語でピッチがあります。ピッチとゲージの違いを覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

高力ボルトの配置について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 高力ボルトのゲージは?1分でわかる意味、ピッチとの関係、規定